1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 絆ホルモンが心もほぐす!子どもをマッサージする7つのメリット

健康と食育

絆ホルモンが心もほぐす!子どもをマッサージする7つのメリット

2015年9月29日

キーワード:コミュニケーションコンディショニング親子

9月中旬に、一般社団法人キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会が展開する『パパママトレーナー講座』が関東地区で開かれました。テーマは「1日10分でできる子どものコンディショニング」です。日本体育協会アスレチックトレーナーの資格も持つ佐藤曜子先生のもと、スポーツをがんばっている子どもを育てるお母さんやお父さんが必要な知識と実際の技術を熱心に学んでいました。(取材・文 木之下 潤 写真 サカイク編集部)
 
IMG_5467.JPG
 

■コンディショニングはトレーニングと同じぐらい重要!

「小学4年生の息子がサッカーをやっています。ただ年齢を重ねるにつれ、『体が重い』と口にするようになりました。だから、入念にストレッチをさせるようにしたり、マッサージをしてあげたりと、体のケアには気を使っています。たまに体をもんであげると『そこ、気持ちいい。もっと、やって』と言うので続けています。けど、そのもみ方が正解なのか、どの程度もんであげるのが正解なのか、何もわからずにやっています。今日はそこを学んで帰りたいと思います」
 
講座前に、あるお母さんが参加の理由をこう語っていました。体のケアと言っても、具体的にどうすればいいのかを知っているお母さんやお父さんは少ないでしょう。子どもが「気持ちいい」と口にするからやってはみるものの、どのくらい力を入れたらいいのか、どのくらいの時間やっていいのか……、不安に思うお母さんは圧倒的に多いのが現実です。
 
体をケアすることのメリットは疲労回復だけではなく、ケガの予防が挙げられます。これはスポーツをする子どもたちにとって大切なポイントです。ただし、試合の日の夜もお父さんお母さんにはやることがたくさんあります。息子や娘の体をもんであげる時間を長く作れるわけではありませんし、毎回やってあげられるわけでもありません。
 
実際にケガをした我が子のことを振り返ってみると、痛みを我慢しながら、あるいは痛みをごまかしながらプレーしていることが多かったはずです。そして、ケガをしてしまった後に病院へ行くと『この状態だと、しばらく休むしかありません。もう少し早く来てもらえたらよかったのですが』ということを医師に告げられたお母さんやお父さんはたくさんいるでしょう。
 
サッカーでも野球でもバスケットボールでも水泳でも…子どもはそのスポーツが好きで楽しいからやっています。だから、多少疲れていてもトレーニングを休みません。練習に通う理由は「うまくなりたい」とか、「友達に会いたい」とか様々です。
 
しかし、体を動かし続けたら疲労が溜まるのは当然のことです。体力の回復もままならずトレーニングを続けたらオーバートレーニングに陥ってパフォーマンスが落ちるのは当たり前ですし、子どもたちはプレーに納得できず、モチベーションを下げることになるでしょう。
 
だから、コンディショニングが大事になるのです。体の状態が整えばモチベーションが上がり、心の状態も同時に整います。そうすれば、良いパフォーマンスが発揮できてスポーツが上達するし、楽しくなります。つまり、コンディショニングはケガの予防はもちろん、心が安定してトレーニング効果を上げることがにもつながるのです。
 
次ページ:絆ホルモンで心身の状態や親子関係もよくなる
 

papamama-logo300.jpg
関東初開催!がんばるわが子に10分ケア「パパママトレーナー講座」の詳細はこちら>>
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 木之下 潤 写真 サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 絆ホルモンが心もほぐす!子どもをマッサージする7つのメリット

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ