1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

健康と食育

【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

2010年12月 6日

キーワード:let'sショクイクフィジカル栄養食事

■試合3日前?当日、勝つための食事術

1111111111111111.jpg試合前夜、「勝つ!」とゲンを担ぐ意味で夕食のおかずをトンカツにしたことのあるご家庭も少なくないのでは?実はこれ、ネーミング的な意味合いだけでなく、勝つための食事として栄養的にも理にかなっているのです。

「サッカーのエネルギー源として重要なのはごはん、パン類などの糖質です。摂取すると体内でブドウ糖になり、そのままエネルギー源として使われるか、グリコーゲンという物質に変化して筋肉や肝臓に蓄えられます。栄養学的に見ると、サッカー選手のスタミナを支えているのがこのグリコーゲンの貯蔵量なのです。そのため、試合の3日ほど前からグリコーゲンを蓄えるための食事(グリコーゲンローディング)に切り替えるといいでしょう。肉や魚などの主菜を少し減らして、ごはんや麺などの糖類を多めに摂る食事です」と鎌倉女子大学の田地先生。

スタミナ維持に欠かせない糖質。でも、あるものが体内にないと糖質をエネルギーに代えることはできないんだとか。「エネルギーに代えるにはビタミンB1 が必要になります。そのため、試合前夜には糖質をたくさん摂るのと同時にビタミンB1を多く含む豚肉、にんにく、ねぎなどを食べるといいでしょう」。

そう、だからこそトンカツは試合にピッタリなのです。ただトンカツの場合、脂が多いため消化に時間がかかります。そのため、同じ豚料理でも「豚しゃぶ」の方がベターなのだそう。「軽くゆでることで余分な脂が落とされ、消化も良いからです。また、炭水化物とビタミンB1 を一緒に摂れるという意味では、ネギチャーシューラーメンなども最適でしょう」。

当日の朝の食事についてはどうでしょうか。「前日と同じく糖質+ビタミンB1の組み合わせがいいでしょう。タマゴサンドなどもいいですね。消化の時間を考えると、試合時間の2時間前に食べ終わっているのがベストです。朝食から試合開始時間まで時間が空きすぎてしまう場合は、朝食を軽く食べておいて、2時間半ほど前に栄養補給をするといいかもしれません」。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(169件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ