1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第2回】Let's ショクイク!-『強いカラダを作る食事』

健康と食育

【第2回】Let's ショクイク!-『強いカラダを作る食事』

2010年12月 6日

キーワード:let'sショクイクフィジカル栄養食事食習慣

■豊かな筋肉と骨を作るための食事。

333333.jpgスポーツをする上で気になるのが筋肉のこと。ただ、ジュニア世代の場合、過度に筋肉をつけてしまうと骨の成長を妨げる恐れがあるため、大人と同じような筋トレや筋肉増強は一般的に不要と言われています。
サッカーの上達と健やかな成長のために必要なのは、適度な筋肉の発達なのです。「ジュニア選手ならバランスのとれた食事をベースに、気持ち多めに筋肉のもととなるタンパク質を摂るといいでしょう。といっても肉、魚、卵を含んだおかずを3食しっかり摂ることと、豆腐、納豆などの大豆製品や乳製品を積極的に加えるくらいで大丈夫。

例えば朝食はパンのみ、というご家庭は卵や肉といったタンパク質のおかずを加えるよう改善してみるといいでしょう。また、豆乳や牛乳を飲むこともタンパク質の摂取を大いに助けてくれます」と、鎌倉女子大学の田地先生。

タンパク質の摂取を助けてくれる牛乳は、成長期のジュニア世代に必要なカルシウムもたっぷり!筋肉と同じように促したい骨の成長のためには、毎日、積極的に摂っておきたい食品のひとつです。「カルシウムは骨の主要な材料であり、成長期に最も重要な栄養素のひとつですが、日本人の食生活では常に不足しがちです。

カルシウムが不足すると丈夫な骨を作ることができず、ケガをしやすい選手になってしまいます。カルシウム摂取には牛乳が最も適しています。小魚などもカルシウムを豊富に含んでいますが、吸収率の良さは乳製品には叶いません。目安として、毎日最低牛乳コップ1杯(200ml)。これに加えてヨーグルトやチーズなどを摂ればさらに良いでしょう」。

しっかりした筋肉と骨を作るために必要なタンパク質とカルシウム。ただ、それらの栄養素ばかりに偏ってしまっては本末転倒、と田地先生は続けます。「とりわけ若い世代にとって、やはり基本はバランスの良い食事です。エネルギー源となるごはん、パンのような"糖質"、身体の調子を整えるうえで欠かせない栄養素で野菜や果物に多く含まれる"ビタミンとミネラル"なども必要不可欠なのです。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(169件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第2回】Let's ショクイク!-『強いカラダを作る食事』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ