1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お家で練習! 反射神経&運動神経を鍛えよう

親子でチャレンジ

お家で練習! 反射神経&運動神経を鍛えよう

2011年8月23日

キーワード:コーディネーショントレーニング練習運動神経

今回お話をしてくださったチャイルドライク&スポーツの渡辺さんは、福岡県でサッカーの指導のほか、体操教室なども行っています。実際に、子どもたちには、体操教室を通して、どのような指導をしているのか、を、お聞きしました。

■基本は『運動あそび』

11-08-23-01.jpg 11-08-23-02.jpg

遊びから身体の動かすことの喜びを知り、友だちをつくって、一緒に課題をやり遂げる達成感を体験することが大切だと考えています。その中で、認知(知的プログラム(見て考えて動く)に対して働きかける。これにより、考えながら動き、動きながら考えられるようになります。遊びの楽しさを第一に伝えながら、子どもたちに、一つ上を目指せるような、さまざまなメニューやプログラムを提案しています。

どんな世代でも、時間や状況に応じて身体疲労(フィジカル)・精神的疲労(ストレス)が追い詰められ、認知機能(判断力)が低下していきます。 あえてその様な状況をつくり、認知能力が落ちないような訓練ではなく、落ちてから高い判断が出来る様に、その能力を高める指導を行っているのです。自分の運動を見て欲しいといって来る時や、自分から(自発的に)課題やメニューを提案してくる瞬間になってきた時(気づき)を、大切にしていますね。

また、器械体操は個人の競技のイメージがありますが、グループを作って練習を行うことで、目的を共有させ、自分の意思を相手に伝えたり、相手の考えを受け入れたりして協力する事(コミュニケーション能力)を覚えていきやすくさせています。

①目的→②戦術→③技術の段階を踏まえたメニュー作りが大事になります。その意味でも、子どもたちが練習を消化する事で安心してしまう、消化型のメニュー法は、あまりお勧めできません。

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お家で練習! 反射神経&運動神経を鍛えよう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ