1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術(サッカーノート番外編)

親子でチャレンジ

家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術(サッカーノート番外編)

公開:2011年6月 8日 更新:2011年11月16日

キーワード:コミュニケーションサッカーノートメンタル

親御さんがメッセージを書くときは、「宿題やったの?」などの指摘や相手に対する文句、批判ではなく、ポジティブで前向きな言葉を書くことがポイントです。感謝の気持ちをあらわすことも良いですし、「試合、がんばってきてね」などの応援の言葉も良いですね。メッセージを読んだ相手が、前向きな気持ちになるように、ポジティブなコミュニケーションを心がけてみてください

人間の感情は伝染します。親御さんがネガティブな、マイナス思考でいると、子どももマイナス思考になりやすいもの。親が愚痴っぽいと、子どもも愚痴っぽくなります。

メッセージボードにポジティブな言葉を書くとき、頭の中はプラス思考になっています。その意味では、感情をコントロールする面でも有効的といえるでしょう。

「最近、子どもとあまり会話をしていないな」と思う方は、ぜひともメッセージボードやカレンダーを活用してみてください。

取材協力/大儀見浩介氏『サッカーノートセミナー』より

取材・文/鈴木智之
イラスト/Mihoko

<<サッカーノートの書き方から読む

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(188件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術(サッカーノート番外編)