1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【実践ストレッチ体操】まずは大事な"腿"に注目!!

親子でチャレンジ

【実践ストレッチ体操】まずは大事な"腿"に注目!!

2011年5月22日

キーワード:ストレッチ教室予防

自宅でできる簡単ストレッチ体操。「どうして重要か?」を学んだ後は、早速、実践をしてみよう。まずはサッカー選手に欠かせない<太腿>のストレッチからはじめましょう!

《ストレッチはいつするのがいいの?》

練習前後がいいでしょう。練習前のストレッチは、身体を動かしながら行いましょう。座ったり、寝た状態で行うのであれば、軽くランニングなどをして、身体を温めてから行うのが効果的です。ジョグをしながら肩まわしなどで、心拍数を上げつつ、身体をうごかすことで早く筋肉が温まっていきます。 練習後は、すぐに行うのがベストですが、入浴後に身体が温まっている状態も効果的です。

《サッカーに多い怪我とその予防のために》

サッカーの怪我で多い部位は、捻挫や、シンスプリント、股関節です。日ごろのストレッチで怪我予防ができるので。今は、痛くなくても、中学、高校生になったときに傷みや怪我が発症したりするので、早い段階から予防をしましょう。

《基本の方法》

  • 2人1組
  • 一つのストレッチは30秒前後
  • 呼吸を止めずに行います(おしゃべりをすると自然と呼吸をしながら行えます)
  • 強さはイタ気持ちいい(少し痛いけれど、気持ちがいい程度)がベスト

 

《腿の裏:ハムストリングス》

腿の裏が固いとスタートした時にスピードがでず、ボールに追いつかないこともあるので、しっかりと伸ばしましょう。

11.5.22-a.jpg

  • あお向けにまっすぐ寝る
  • 片足をゆっくりとあげ、腿の裏が伸びているかを確認
  • 膝は曲げないようにする
  • あげていない足(腰のあたり)を、しっかりとおさえる
  • 両足で行う

 

1  2  3  4
取材・文/石井宏美 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【実践ストレッチ体操】まずは大事な"腿"に注目!!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ