1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』(2/2)

親子でチャレンジ

2011年5月 9日

お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』(2/2)

キーワード:コミュニケーションサッカーノートメンタル

サッカーノートは自分の成長をうながし、目標を達成するための大切なツールです。日本代表選手を始め、中学、高校のトップレベルの選手・指導者の多くが、サッカーノートをつけています。

<<この記事を最初から読む

11.5.9-1.jpg 11.5.9-3.jpg

■ノートは自分のもの。自分の気持ちに正直に書く

今回は「書き方のコツ」を紹介したいと思います。ポイントは次の3つです。

  1. イラストを入れる
  2. 擬音を入れる
  3. 自分に正直に書く


1の「イラストを入れる」は、とても重要なポイントです。自分のプレーや相手のプレー、「この場面ではこうすればよかった」「この場面ではこういうプレーをしよう」など、イラストを使って書くことは、イメージトレーニングになります。また、自分のプレーだけでなく、相手のプレーもイメージして書くようにしましょう。そうすることで、より本番の試合に近い状況をイメージすることができます。

2の「擬音を入れる」は後から読み返したときに、思い出しやすくするための工夫です。たとえばパスを例にあげると、「ドンッ」と書くと強いボール、「トンッ」は短いタッチ、「パサッ」や「フワッ」は浮き球など、擬音によってイメージがしやすくなると思います。ノートは書いて終わりではなく、プレーに行き詰まったときや悩んでいるときなど、読み返すことで、新たな気づきを得ることができます。なるべく、書いたときの気持ちやイメージを思い出しやすいように、擬音を入れるなどして工夫してみましょう。

3の「自分に正直に書く」は、見落としがちですが、大切なポイントです。監督やコーチにノートを提出する場合、自分のために書くノートではなく、監督やコーチに見せるためのノートになってしまう選手を見かけることがあります。そうすると、監督に気に入られたい気持ちで、本当は思っていないことを書いてしまうケースもあるのです。ノートはあくまで自分のもの、自分の成長のために書く物です。自分の気持ちに正直に書きましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(187件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』(2/2)