1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】オランダ流 『パスまわしの極意』を体感する練習メニュー

親子でチャレンジ

2011年2月17日

【前編】オランダ流 『パスまわしの極意』を体感する練習メニュー

キーワード:オランダゲームトレーニングパス練習

なぜ半身になるのか?→ボールに正対すると、視野が狭くなる(左の図)
なぜボールを迎えに行くの?→一度、ボールと反対方向にフェイクを入れ、相手を引きつけておいてボールを迎えに行く(右の図)

0004502.gif

競技レベルが上がれば上がるほど、素早く丁寧にボールをコントロールし、次のプレーに移ることが大切になります。実際のプレーでは、相手から離れたところへボールを置く、ワンタッチでボールを運ぶなど、相手をいなすようなボールの持ち方、置き方ができるようになるのが理想です。そのためにオランダでは、U-8からU-15の年代まで、このようなコントロール&パスの練習をたくさん行います。

グラウンドが広く使える場合は、3つか4つのグループに分けて、競争をさせるのもおもしろいでしょう。時間を競うなどしてプレッシャーをかけると、より質の高い練習になります。この練習は負荷が軽いので、ケガの心配もありません。ウォーミングアップの一貫として行うのもいいと思います。

オランダサッカーの特徴は選手同士が距離をとり、敵のいない所へ素早くボールを運び、キープすることです。そのようにボールを動かすと、相手はボールを取りに行くために、長い距離を走ることになります。そのため、プレッシャーを掛ける人数も少なくなり、なかなかボールを奪うことができなくなります。

ただし、オランダサッカーの武器である「グラウンドを広く使い、ポジションを取る」ことが、弱点に変わる場合もあります。ボールを奪われたときに味方との距離が離れているので、一気に自陣ゴールまで攻め込まれる可能性が高くなってしまうのです。

正確で強いパスを出すために、左足で受けて(左の図)
右足でパス(右の図)

0004503.gif

このようなピンチを避けるためにも、絶対に奪われない「精度の高いボールコントロール」と、味方が敵のプレッシャーを回避できるような「正確で強いパス」が必要です。オランダのサッカーを実践するために、サッカーの基礎である「止めて」「蹴る」は、どの年代になっても鍛え続ける必要があると言えるでしょう。

前のページ 1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(188件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】オランダ流 『パスまわしの極意』を体感する練習メニュー