1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

親子でチャレンジ

【前編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

2010年12月 6日

キーワード:ゲームコミュニケーショントレーニングパス判断力練習

0004771.jpgサッカーの選手育成に限らず、子供の成長にとって重要な、「考える力」を養うということ。ジェフ市原・千葉などで長年、子供たちの指導にあたってきた池上正コーチは、この「考える力」こそが選手として、人として成長するカギだというコンセプトのもと、日々、多くの子供たちと接しています。千葉の市原スポレクパークで毎週行われている池上コーチのサッカースクール(プレイパーク)には毎回100名を超す子供たちが参加。ユニークな指導法によって子供たちのやる気を刺激しながら、サッカーの上達を後押ししています。そのスクールに潜入し、どのような練習が行われているかを取材。どうすれば子供たちの「考える力」を養えるのか、そして、子供たちの「やる気」をアップさせることが出来るのかを聞いてみました。練習の内容を見ていきながら、どのような効果が期待できるのかをチェックしていきましょう。

0004772.jpg

■チャレンジ01 参加するコートを自分で選ぶ

0004773.gif

池上コーチの練習では、まず、子供たちがどのコートでプレーをするかを考えさせます。自動的にこのコートでプレーしなさいと指導するのではなく、ここから「考える」練習のスタートです。子供たちに教えてあるのは「少ない人数のコートの方が、よりボールに触る機会も多く、プレーが楽しめる」ということだけ。子供たちはたくさんあるコートのなかから選手の数が少ないコートを選び、自主的に練習に参加するという意識を持つようになります。「やらされる」のではなく「自分で選択して練習を開始する」という意識はとても大切です。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ