1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

親子でチャレンジ

【後編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

2010年12月 6日

キーワード:イタリアドリブルフェイントフットサルブラジル

茨城県水戸市や千葉県浦安市など、日本各地でスクールを展開する「マルバ・フットボールクラブ」。代表を務める浅野智久氏はブラジルやイタリアでのプロ経験を持ち、現イタリア代表監督プランデッリ氏の指導を受けたこともある異色の指導者です。前編に引き続き、浅野コーチに聞く「攻撃の基本とアイデアを身につける」練習メニューの後編をお届けします。

■チャレンジ04 ヨーイドン 1対1

0004801.gif

コーンをひし型に置き、子と父が並んでスタンバイ。スタートの合図とともに、子はコーンA‐B間をドリブルで走り抜けます。父はコーンCからスタートし、コーンD、Aの外側を回って守備に入ります。子は父が来る前にシュートを打てば勝ちとなります。難易度を上げるときは、父のスタート地点をDからにします。すると、父の方が速く守備につくことができるので、子はコーンA‐B間の他に、A‐D間へと、父の逆方向へ進むことも視野に入れてドリブルをしましょう。

0004802.jpg

コレが身につく!
「年齢が低い場合、前に相手がいる1対1は難しいので、子どもに有利なシチュエーションを作ります。子どもは相手の存在を感じながら、ドリブルをすることができればOKです」(浅野氏)

■チャレンジ05 ライン通過 1対1

0004803.gif

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ