1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 禅脳思考~禅的な脳を使って、最高の自分を引き出す方法~

本・書籍

禅脳思考~禅的な脳を使って、最高の自分を引き出す方法~

2014年8月29日

キーワード:新刊

ポジティブ思考ではもう遅い?!不安、焦り、憂鬱が消える究極のメソッドとは?
 
book0829_400.jpg
 
本書では数々のトップアスリート、ビジネスパーソンのメンタルトレーニングをしてきたスポーツドクター辻秀一が応用スポーツ心理学をベースに、いつでもどこでも簡単に自分の心を整える思考法「禅脳思考」について分かりやすく解説!
 
近年では、レスリングの吉田沙保里選手、野球のイチロー選手はこの「禅脳思考」をつかって自身の心をうまくマネジメントし、いつも「あるがまま」の状態を保ち、パフォーマンスを最大限発揮している。
 
本書では、現在の日本では広く使われてる「ポジティブ思考」の限界について言及。著者の辻秀一によると、ポジティブ思考とは実は自分自身にウソをついていることであり、無理がるという。そこでまるで禅寺で坐禅を組み、心を切り替えて整えるときの体感やその時に働く脳の使い方を、禅寺に行かずにいつでもどこでも可能とした「禅脳思考」を新しい思考として紹介している。
 
禅脳思考をすることで、自分自身のパフォーマンスを無理なく常に最大・最適化してアウトプットすることができる。不機嫌、不安、憂鬱といった気持ちをすぐに切り替えたい人には一読を薦めたい。
 
 
<<内容紹介>>
 
■序章 
なぜ「ポジティブ思考」をする人は、伸び悩むのか?
 
■第1章 
自分にウソをつくから、パフォーマンスが下がる
 
■第2章 
折れない心をつくる禅脳思考
 
■第3章
「緊張」「不安」「憂鬱」を切り替える方法
 
■第4章
仕事で最大のパフォーマンスを発揮する方法
 
■第5章
仕事で最大のパフォーマンスを発揮する方法
 
■第6章
人生を豊かにする生きる心のあり方
 
 
■著者プロフィール
辻 秀一(つじ しゅういち)
スポーツドクター。1961年生まれ。慶應義塾大学病院内科、同スポーツ医学研究センターを経て、独立。応用スポーツ心理学とフロー理論を基にしたメンタル・トレーニングによるパフォーマンス向上が専門。セミナー・講演活動は年間200回以上。サポート実績に(株)ジャパネットたかた、(株)船井総合研究所、(株)ディスコ、監査法人トーマツ、関西電力ボート部、三菱重工業相模原ラグビー部、プロテニスプレーヤー、Jリーガー、プロゴルファーなど多数。また、プロバスケットボールチーム『東京エクセレンス』を立ち上げ、代表に就任。同チームは2013年より開始した新規リーグNBDLで初代王者に輝く。運営母体としての一般社団法人カルティベイティブ・スポーツクラブにて、スポーツを文化にする様々な活動を行う。
 
禅脳思考特設ページ>>
 
 
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 禅脳思考~禅的な脳を使って、最高の自分を引き出す方法~

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ