1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. サッカーは最初の5分を見よう

本・書籍

サッカーは最初の5分を見よう

2014年2月 6日

キーワード:新刊

13年夏、サッカーの現場観戦5000試合を達成したサッカージャーナリストの後藤氏が、これまでサッカーのどんな部分を見て、楽しんできたのかをポイントに分けて記した本書。
 

20140206book.jpg

 
50年間で5000試合も楽しんできた氏が書く、豊富なエピソードも含めた観戦ポイントは、圧倒的な説得力。読者が本書を通して、今後サッカーという奥深いスポーツを永遠に楽しんでもらうことを狙いとしています。
 
また途中のコラムでは、5000試合中のベストマッチ5試合や、思い出のサッカー観戦旅行記を挟むなど、バラエティーに富んだ内容となっています。
 
著者プロフィール
後藤健生
1952年東京都生まれ。
慶應義塾大学大学院博士課程修了。ワールドカップからアマチュアサッカーまで、あらゆる会場に足を運ぶ、サッカージャーナリストの草分け的存在。1964年の東京オリンピックを皮切りに、5000試合を現場観戦し、その数は今なお増え続けている。74年大会以来、ワールドカップは10大会連続取材中で2014年ブラジルワールドカップも取材予定。
 
 
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. サッカーは最初の5分を見よう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ