1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. クライフ哲学ノススメ-試合の流れを読む14の鉄則

本・書籍

クライフ哲学ノススメ-試合の流れを読む14の鉄則

2013年12月20日

キーワード:新刊

book_1220.jpg
<内容紹介>
2010年11月に刊行された「クライフ哲学ノススメ」は、オランダ代表選手として活躍、また、選手・指導者としてFCバルセロナのサッカースタイルを体系化し、完成へと導いたヨハン・クライフの欧州各メディアにおける発言をまとめたもの。
 
刊行当時のサッカー関連書籍は、様々な戦術論、システム論全盛でした。そんな議論の源流を辿るとクライフ流のオランダ式戦術に行き着きます。それは1974年のワールドカップでオランダ代表が世界に披露したトータルフットボールのことです。現在でも攻撃的、守備的にもかかわらず代表、クラブで取り入れられてる戦術、システムはつまるところクライフへと辿れます。よって、いまだに彼がサッカーについて語る時、多くの人は彼の言葉に耳を傾け、それを参考にしようとします。それはほとんどが戦術についてのことです。
 
初版刊行から3年、サッカーは刊行当時よりも進化し、クライフの発言も増えています、そこで、新たなクライフの言葉とともに最新の章を加えることで、現代サッカーの祖であるクライフの言葉から、新たなサッカーの見方を提示していきます。
 
<コンテンツ紹介>
第1章 クライフはシステムをどう考えているか?
第2章 クライフ哲学を知る戦術の常識が覆る
第3章 クライフ流必勝戦略論
第4章 クライフのポジション論
第5章 天才の思考法を学ぶ
第6章 クライフが考える新たなる潮流
第7章 試合の流れを読む14の鉄則
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. クライフ哲学ノススメ-試合の流れを読む14の鉄則

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  3. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ