1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. ジャポネス・ガランチード―日系ブラジル人、王国での闘い

本・書籍

ジャポネス・ガランチード―日系ブラジル人、王国での闘い

2013年11月15日

キーワード:新刊

EXcover+obi_03.JPG

 
<内容>
セルジオ越後、ネルソン吉村、ジョージ与那城。
彼らを代表とした日系人選手のほかにも、サッカー王国・ブラジルで『サッカーがヘタ』な日系人(日本人)=ジャポネスとして偏見の目で見られながらも、自身が持つ技術を武器にして、王国で立派に闘ってきた日系ブラジル人たちが数多くいた。
 
ブラジルでは誠実な日系移民の代名詞として「ジャポネス・ガランチード(保証付きの日本人)」なる言葉が言われてきたが、サッカーにおいての“ジャポネス”は「サッカーがヘタな日本人」に対する偏見や皮肉を表すスラングでもあった。それに対して数々の日系人やブラジルに渡ったカズらが、偏見を払拭すべく奮闘してきた。
 
著者が2002年からのブラジル滞在中に取材し、蓄積した日系人(日本人)とブラジルサッカーの物語をまとめた珠玉の一冊。来るべき2014年ブラジルW杯を前に読んでおくべきものである。
 
<コンテンツ>
第1章 偏見と闘いながら檜舞台を夢見る男たち
第2章 日本人移民が作ったジャポンFCとミカド運動倶楽部
第3章 日系ブラジル人選手、王国での闘い
第4章 日系二世の限界と南米各国の日系人事情
第5章 セレソンへの夢、再び
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. ジャポネス・ガランチード―日系ブラジル人、王国での闘い

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ