1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 菅原裕子著『子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと』

本・書籍

2011年10月19日

菅原裕子著『子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと』

キーワード:コーチング

DSCF9155 (3).JPG

【書評】菅原裕子著『子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと』
 
<<要約>>
一人で考え、一人でできる子の育て方についてまとめた本です。
親の役割は何? からはじまり、
「子どもに教えたい3つの力」
①「子どもを幸せにするしつけ」、
②「心を結ぶ聴き方、伝え方」、
③「親の幸せは自分でつくる」の5章に分かれています。
サッカーに関する本ではありませんが、子どもへの接し方について書かれた本です。
 
<<レビュー>>
今までの子どもとの関わりを考えさせられる本です。
叱られたり、脅かされたりした子どもはおびえ、考えることなくいうとおりにの行動をする。
その行動をみて親(コーチ)はしつけがうまくいったと思ってしまう。
サッカーでは、コーチ(親)の指示を待ってしまう子。
いいアイディアがあるのに、失敗したら怒られると思い行動できない子……。
上記など、サッカーにおきかえることができる本でした。
 
ほかにも親としての自分がドキッとするところがたくさんあります。
子どもをサポートするはずが、靴を履かせてしまったり、早くしなさいとせかしてしまいます。
子どもも、一人でやろうとする行動を横取りしてしまっていると反省しました。
時間がなかったりしてしまうと、ついやってあげてしまいます。
『やってあげる』ことは優しさでもあると思いますが、
逆に子どもの自立を、妨げてしまうことになっていました。
この本を読み、サポートすることの意味やあくまでも子どもが主役ということを、
再確認することができました。
 
子どもに接する、親やコーチが少し意識を変え行動することで子どもは一人で考え、
一人でできる子になると思いました。
 
 
1
サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(159件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 菅原裕子著『子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと』