1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング

練習メニュー

試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング

2017年6月16日

キーワード:1対1クルゼイロコントロールトレーニングパス練習メニュー

クルゼイロ・ジャポンはブラジル名門サッカークラブ「Cruzeiro EC」の育成方法を余すところ無く日本で紹介・実践するため、2013年に発足いたしました。かつてジーコと共に"黄金のカルテット"と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。

 
今回は、かの名門クラブのコーチたちが来日し、日本の子どもたちを指導する『クルゼイロキャンプ』で行われるトレーニングのひとつをご紹介します。いくつかの設定を設けて連続したプレーを行うトレーニングの意図とは?(動画提供:クルゼイロジャパン)
 

 
■テーマ
パス&コントロール
 
■オーガナイズ
縦20m、ポール間2m、マーカーの幅2m、時間5~6分×3
 
■用具 
ボール、マーカー、ポール(無ければコーンで代用)
 
■進め方
壁パスでの突破
1.コーチの動きを見て、足元にパス
2.パス&ゴーで、パスを出した逆に走る
3.リターンパスを受けて、正面のマーカー間にキック
(縦パス、もしくはシュートのイメージで)
 
シュートからセカンドボールの反応
1.コーチからのパスを受け、ワンタッチコントロールでポール間を抜ける
2.そのまま、縦にパスを入れる
3.止まらずに走り込み、ジャンプヘッド
(セカンドボールを拾うイメージ)
 
ステップワークからのプレー
1.コーチの指示で右、もしくは左側のマーカーにタッチ
2.コーチが任意のタイミングでパス
3.ポール間を通し、仲間にパス
4.そのまま走り抜け、壁パスを受ける
5.後退して繰り返し
 
■ポイント
・連続してプレーすることを促す。
・試合で使える技術の習得を目指す。(強度、正確性、スピードなど)
 
■クルゼイロコーチの目線
クルゼイロのトレーニングの特徴として、全てに対して刺激を加えて行きます。何か一つが飛びぬけていても、苦手な部分があれば、将来マイナス評価を受けてしまうかもしれません。少しずつでいいので、全ての部分を伸ばしていきたいものです。例えば、苦手を持っている選手だけを取り出して、このようなトレーニングを補習的に施すのも一つの方法です。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>>

cruzeiro.jpg

 

▼クルゼイロの練習メニューはこちら

kuruzeiro_tore_01_samune.jpg
サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(343件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ