1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 単なるドリブルシュートで終わらない!ブラジルの名門クラブが不規則に障害物を置く理由とは

練習メニュー

単なるドリブルシュートで終わらない!ブラジルの名門クラブが不規則に障害物を置く理由とは

2016年3月 8日

キーワード:クルゼイロコントロールシュートトレーニングドリブル練習メニュー

サッカー王国ブラジルでNo'1育成クラブとの呼び声高い『クルゼイロEC』。かつてジーコと共に"黄金のカルテット"と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。今回は、かの名門クラブのコーチたちが来日し、日本の子どもたちを指導する『クルゼイロキャンプ』で行われるトレーニングのひとつをご紹介します。彼らが行うドリブル練習は、規則正しくコーンを並べるわけではなく、不規則に障害物が並べる。その理由とは?(動画提供:クルゼイロジャパン)
 
 
■テーマ
試合につながるボールコントロール
 
■用具 
ボール、ゴール、マーカー、コーン
 
■進め方
1.ピッチ中央にコーン、マーカーをランダムに並べる。
2.3列に並んで、一人ずつスタート。
3.中央の障害を抜けて、シュート。
4.繰り返し。
スタート~50秒…丁寧にボールを運びシュートまで持ち込む。
50秒~1分10秒…ボール運びのスピードを求めていく。
1分10秒~2分…障害にぶつかったら、プレーを終わりにする。
2分~終了…障害の位置をずらして、新たなルートを探させる。
 
■ポイント
・シュートを最後にさせることで、ボールを運びながら次のプレーにつながっていくようにイメージを持たせたい。ただ、目の前の障害を交わすだけでなく、目的を持ったボール運びにつながっていくように。
 
・少しずつレベルUPを促していく。丁寧なボール運び→スピードUP→ぶつけたらプレー終了(正確性+スピードUP)
 
■クルゼイロコーチの目線
選手のレベルに合わせて声掛けを変化させていきたい。できている選手には、より試合に近い状況をイメージさせる声掛けや、プレーのバリエーションが増えるような声掛け心掛けたい。
 マーカーを整然と並べた状態で速く上手く運べるだけでは、プレーの幅が狭まってしまいます。ランダムに並べられた障害を抜けていくことで、試合の中でもボールを運びながら自分で道を見つけていくプレーに近づいて行きます。現代サッカーではプレーのスピードが求められています。このようなトレーニングを通じてスピードと正確性、そこに即興性を兼ね備えた選手になって欲しいです。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>> 1451980081.jpg
 
▼クルゼイロの練習メニューはこちら
kuruzeiro_tore_01_samune.jpg
サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(340件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 単なるドリブルシュートで終わらない!ブラジルの名門クラブが不規則に障害物を置く理由とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  4. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  5. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 親子でサッカーを楽しむ!会話が弾むDVD活用術&自宅でできる簡単トレーニングまとめ
     
  10. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日

一覧へ