1. サカイク
  2. トピックス
  3. ファンルーツアカデミー スキルアップコーススペシャル開催

トピックス

ファンルーツアカデミー スキルアップコーススペシャル開催

2016年10月 6日

キーワード:U-10U-11U-12U-8サッカー教室募集小学生選手育成

 ファンルーツアカデミーが、ドイツのプロコーチの指導のもと、小学生年代を対象にスキルアップコースを開催すると発表しました。

ファンルーツアカデミー主催 スキルアップコーススペシャル編
~ドイツのプロコーチから学び、スキルアップを図ろう!~

ドイツは育成年代における選手育成の成功例として注目を浴びています。ドイツサッカーは、個の強さにテクニックと創造性を備え、全員が走ってパスをつなぐ魅力的な「モダンフットボール」へと進化を遂げました。名門1.FCケルンの育成部長も務め、数多くのブンデスリーガを育てたクラウス・パブスト氏を招き、少人数制の中、子どもたちへ直接指導を行います。

【開催日時】
■U8(小学1-2年生)

①10月29日(土)10:00~12:00 @ボールコントロール
②11月5日(土)10:00~12:00 @ドリブル

■U10(小学3-4年生)
③10月29日(土)17:00-19:00 @ボールコントロール

④11月3日(祝)18:00-20:00 @ドリブル
⑤11月5日(土)17:00-19:00 @パス

■U12(小学5-6年生)
⑥10月29日(土)19:00-21:00 @ボールコントロール

⑦10月30日(日)19:00-21:00 @ドリブル
⑧11月5日(土)19:00-21:00 @パス

■集中コース
⑨U8(小学1-2年生) 10月30日(日)10:00-16:00

⑩U10(小学3-4年生) 11月3日(祝)10:00-16:00
⑪U11(小学4-5年生) 11月6日(日)10:00-16:00

【コーチ】
KLAUS PABST(クラウス・パブスト)

ドイツの名門1.FCケルンでユースコーチや育成部長を務め、多くのブンデスリーガを輩出。サッカー指導者養成機関としても知られる国立ドイツ体育大学ケルンで講師を務めるなど、ドイツサッカー育成で定評のある指導者です。

【会場】
ファンルーツパーク芦花公園

住所. 〒157-0063 東京都世田谷区粕谷1-7-26

【定員】
16名(各回)

【参加費(各回)】
<短期コース> 一般:4,320円(税込) 、 会員:3,780円(税込)

<集中コース> 一般:10,800円(税込)、会員:9,820円(税込)

【お申込み方法】
以下情報を記載の上、メール(event@funroots.net)にてお送りください。
1.お子様の氏名
2.保護者氏名
3.住所
4.電話番号(緊急連絡先)
5.メールアドレス
6.学年
7.所属クラブ(チームに所属している場合)
8.参加希望コース名

※ 尚、メールの題名に「スキルアップコース ~スペシャル編~ 申込み」と明記してください。

公式サイトはこちら>>

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. ファンルーツアカデミー スキルアップコーススペシャル開催

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  2. 「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置に欠かせないアイテムとは
    2017年7月12日
  3. 小さな成功体験を積むことが自信につながる! 自主性・主体性を育てる「しつもん」のしかた
    2017年7月14日
  4. サカイク読者のパパママならおさえておきたい プロテイン7つのポイント
    2017年7月18日
  5. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  8. 自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
    2017年7月21日
  9. これぞ最新決定版! 「何をいつどうやって飲むのか」 意外と知らない水分補給のポイントを伝授
    2017年7月10日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ