1. サカイク
  2. トピックス
  3. 大儀見優季、帝京平成大学女子サッカー部とアドバイザリー契約

トピックス

大儀見優季、帝京平成大学女子サッカー部とアドバイザリー契約

2013年11月 7日

キーワード:なでしこ女子

6日、なでしこジャパンでチェルシー・レディース(イングランド)所属の大儀見優季が帝京平成大学女子サッカー部とアドバイザリー契約を交わし、会見を行った。大儀見が大学とアドバイザリー契約を結ぶのは初めて。
 
_MG_8017_600.jpg
 
<<調印式>>
日時:2013年11月6日(水)
場所:帝京平成大学 千葉キャンパス
出席者: 
大儀見優季【チェルシー・レディース(イングランド)】所属
冲永 寛子 【帝京平成大学 学長】
片岡 操 【帝京平成大学 女子サッカー部監督】
 
■大儀見優季選手がアドバイザリー契約を組むきっかけは?
大学の女子サッカーに対するバックアップ(グラウンドなどの施設、指導スタッフなどのサポート体制)が整えられており、自分の経験を育成年代の選手たちに直接伝えることで、未来の“なでしこ”を生み出し、今後の女子サッカー界の発展に貢献できると思いました。
また、帝京平成大学では、トレーナー・スポーツコースなどトレーナー、指導者を養成するスポーツ関係の学科があります。それだけではなく、柔道整復、理学療法学科などスポーツに関わった様々な医療系の資格が取得できます。トップアスリートとしての経験、ケガからの復帰の経験を未来のスポーツを支える大学生たちに伝えていきたいと考えました。さらに、大学内に総合型地域スポーツクラブの帝京平成スポーツアカデミーがあり、イベントなどの活動を通して地域の方々と触れ合うことで、地域貢献ができるとも考えました。
 
■今後どのような指導をする予定ですか?
今回の契約の2年間で、女子サッカー部に対しては、サッカーの技術やメンタル面の強化などを考えています。それ以外では帝京平成大学学生向けにトップアスリートとしての講演会や地域住民が参加するサッカーイベントなどを考えています。ただ、ヨーロッパが拠点ににっていることもあり、なかなか直接指導できる機会は少ないですが、可能な限り帝京平成大学に関わっていきたいと思います。
 
■大儀見選手がアドバイザリーとして関わることで、帝京平成大学の女子サッカー部をどのようにしていきたいですか?
創部して間もないこともあり、短期的には2年後のインカレ出場を目標としています。選手には、自分が関わることにより、体力的、メンタル的に強い選手になっていってほしいです。将来的には世界で活躍する、なでしこの選手を輩出し、日本のスポーツ界に貢献していきたいです。
 
会見終了後には講演会、サッカークリニックを開催した。
 
_MG_8064_600.jpg
 
_MG_8135_600.jpg
 
_MG_8205_600.jpg
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
女子バロンドール候補10名、日本から大儀見と熊谷
心・技・体を駆使して勝ち取った銀メダル!なでしこジャパンが輝きを放った理由とは?
ロンドンオリンピックで大活躍!銀メダル獲得に貢献した大儀見優季選手のVのチカラ
なでしこ永里優季、熊谷紗希が語る! 世界一になる『チャレンジ力』
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 大儀見優季、帝京平成大学女子サッカー部とアドバイザリー契約

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ