1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【ダノン世界大会最終日】 横浜FMプライマリーは第3位で終了

トピックス

【ダノン世界大会最終日】 横浜FMプライマリーは第3位で終了

2013年9月 8日

キーワード:大会横浜F・マリノス

530501_566443986725192_1757853718_n.jpg
横浜F・プライマリーは3位とフェアプレー賞を受賞
 
 世界32カ国から32チームが集まって行われたU−12世代のサッカーの祭典「ダノンネーションズカップ2013」が7日、イギリス・ウェンブリースタジアムで幕を閉じた。
 
 日本から出場した横浜F・マリノスプライマリーは予選リーグを1位で突破したものの、準決勝でフランスに敗れてアイルランドとの3位決定戦に回った。
「準優勝で負けたときはショックで落ち込んだけど、しっかり勝って3位になろうと思っていました」と佐藤宇(ひろ)くんがいうように、気持ちを切り替えたプライマリーの選手たちはサッカーの聖地・ウェンブリーのピッチではつらつとしたプレーを見せる。
 立ち上がり15秒、左サイドをドリブルで突破した中村斗星くんのクロスがDFに跳ね返ったところを吉尾虹樹(こうじゅ)くんがシュート。これは外れたが3分、右サイドの高い位置でボールを受けた吉尾くんが再び右足を振り抜く。「今大会は10ゴールを目標にしていたのに1点もとれていなくて悔しかった」という吉尾くんのシュートがゴール左隅に突き刺さり、プライマリーが先制点を奪う。
 その後もプライマリーはアイルランドに対し、持ち前のドリブルとショートパスを駆使したサッカーで押し込んで行く。守っては、GKの高橋昂大くんがアイルランドのシュートを的確なポジショニングで止めてゴールを許さない。
 
1184986_566443090058615_1863455575_n.jpg
3位決定戦でアイルランドに2−0で勝利し「世界3位」に
 
 待望の2点目が生まれたのは14分、佐藤くんがドリブルで積極的に切れ込み、相手に当たってボールがこぼれたところに詰めたのは粟飯原央統(あわいはら・ひろと)くん。中村俊輔にあこがれるプライマリーの10番が得意の左足で勝負を決めた。
「厳しい戦いもあったけど、みんなで乗り越えるができて良かった。すごく楽しかったです」と大会を振り返ったのはキャプテンの岩井龍翔司(りゅうじ)くん。
 
 大会後の表彰式では3位に加えて、フェアプレー賞、大会ベストプレーヤー賞を佐藤くんが受賞。目標だった世界一こそならなかったが、プライマリーは世界の舞台で確かなインパクトを残した。
 
<3位決定戦結果>
日本 2—0 アイルランド
得点者:吉尾虹樹、粟飯原央統
1
取材・文/北健一郎 写真/ムツ・カワモリ

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7190件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【ダノン世界大会最終日】 横浜FMプライマリーは第3位で終了

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  7. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  8. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  9. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ