1. サカイク
  2. 連載
  3. 足が速くなる!秋本真吾のつま先力トレーニング ~わかりやすい動画解説付き~
  4. 足が速くなる方法!正しいフォームを手に入れる4つのポイント

足が速くなる!秋本真吾のつま先力トレーニング ~わかりやすい動画解説付き~

足が速くなる方法!正しいフォームを手に入れる4つのポイント

2016年4月12日

キーワード:つま先スピード秋本真吾足が速くなる

もうすぐ運動会シーズン。運動会のかけっこや徒競走で速く走りたい! と思っているサッカー少年・少女は多いはず。では、どうすればタイムを縮めることができるでしょうか? 今回登場していただくのは、元陸上選手でプロスプリントコーチとしてJリーガーやプロ野球選手に走りの指導を行っている秋本真吾さん。誰でも、いますぐにできる“足が速くなる4つのポイント”を教えてもらいました。「足が遅いから……」と諦める前に一度、試してみましょう!(取材・文 北健一郎 コンテンツ提供 KADOKAWA)
 
※本稿は、『スプリント力を上げる!つま先力トレーニング』(著者・秋本真吾、KADOKAWA/角川マガジンズ刊)の一部を転載したものです。
 

■1.正しい姿勢は、首を引いて膝を伸ばす

 
速く走るために、まず意識してほしいのが正しいフォームを身に着けることです。足が遅い、スピードが出ない人の多くは、フォームを見直すことでタイムが大幅に伸びます。
 
日常の生活で、自分でも気がつかないうちに座っている姿勢や、立っている姿勢が、崩れてしまいがちです。背中が丸まってしまったり、顎が前に出てしまったり、楽な姿勢をとろうとして、膝が曲がったりしてしまうものです。
 
akimoto_tensai_01_01.jpg
 
しかし、速く走るためには身体を「真っすぐな状態」にすることが大切です。
 
正しい姿勢をとったら、そこからフォームを作っていきます。真っすぐな状態のまま、体を前傾姿勢
にしていくと、自然と後ろ足のかかとが浮くはずです。こうすることでつま先で地面を強く蹴って、反発力を生み出せます。
 
akimoto_tensai_01_02.jpg
 
ポイントとなるのが1歩目〜3 歩目までの足の着く位置です。足が自分の体から遠い位置に着いてしまうと、つま先ではなくかかとのほうから接地してしまいます。かかとから接地すると、ブレーキがかかったような状態になり、加速していくことができません。
 

■2.胴体を動かさずに腕だけ振るイメージ

 
速く走るには「良い姿勢を崩さないこと」が大切です。腕を大きく振っても、足を高く上げても、フォームが崩れているとトップスピードは出せません。 立っている状態で首を後ろに引きます。顎を引くというよりも首を後ろに下げるイメージを持ちましょう。頭のてっぺんから足の先まで、まっすぐに「芯」が通っているような状態が、良い姿勢です。首が体よりも前に出ていたり、膝が曲がったりしないように気をつけて下さい。常に自分の姿勢をチェックする意識を持つことが重要です。
 

■3.最初の一歩は身体より後ろに着く

 
スタートダッシュで大事になるのが最初に地面に着く「1歩目」の位置。前の足は自分の体よりも「後ろ」に着くイメージを持ちましょう。こうすることで体の力をつま先にしっかりと乗せることができ、爆発的なスタートにつながります。
 
akimoto_tensai_01_03.jpg
サッカーの試合中にボールが転がってきたり、マークを外されて相手を追いかける状態になったとき、焦って動こうとして「1歩目」を自分の体よりも遠い位置に着いてしまうと、つま先に体重が乗らず、スピードが出ない原因になります。
akimoto_tensai_01_04.jpg
 
 

■4.マーカー走でフォームをチェック

 
正しいフォームで走るためのトレーニング「マーカー走」です。自分の歩幅にあった場所にマーカーを置くことで、正しい位置で力を発揮できる接地場所を見つけることができます。自分のピッチやストライドに合わせてマーカーの間隔を調整しながらやってみましょう。
 
akimoto_tensai_01_05.jpg
 
ポイントになるのが、助走をとってスピードをつけた状態でマーカーにアプローチしていくことです。助走でスピードが十分に出ていないと、体の後ろで足を着くことができず、地面に力が加わらない走りになってしまいます。
 
akimoto_tensai_01_06.jpg
 
 
秋本真吾(あきもと・しんご)
元陸上競技選手。400mハードルにて多くの大会で上位入賞を果たし、2010年には男子200mハードルでアジア最高記録、日本最高記録を樹立。引退後、本格的に指導者として活動を開始。スプリントコーチとして、オリックス(プロ野球)、オービックシーガルズ(アメリカンフットボール)、INAC神戸(なでしこリーグ)で指導経験を持つ。Jリーグでは、宇賀神友弥、梅崎司、加賀健一、関根貴大、槙野智章、森脇良太、李忠成をはじめ、大久保嘉人、大島僚太、谷口彰悟などの個人指導も行なっている。全国で小中学生を対象とした走り方教室なども幅広く展開中。
 
 
 
 

【PR】

●おすすめ商品●

動きを改善するラダートレーニングでスピードアップ!

tani_banner300x300_02.jpg

走り・ひねり・ジャンプなど、様々なステップを取り入れたスピードアップトレーニング。わかりやすい解説テキストとDVD付きで、正しいステップがしっかり身につきます。短いラダーを使うから、ご自宅での自主練にもピッタリ!

タニラダー>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
1

関連記事

関連記事一覧へ

足が速くなる!秋本真吾のつま先力トレーニング ~わかりやすい動画解説付き~コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 足が速くなる!秋本真吾のつま先力トレーニング ~わかりやすい動画解説付き~
  4. 足が速くなる方法!正しいフォームを手に入れる4つのポイント

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ