1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【応援メッセージ】 サッカーと子ども達の力を信じてー藤井潔監督(広島皆実高校サッカー部)

震災復興応援プロジェクト

【応援メッセージ】 サッカーと子ども達の力を信じてー藤井潔監督(広島皆実高校サッカー部)

2011年4月 4日

キーワード:メッセージ応援プロジェクト高校サッカー

「自分にできる事」

正直、先日の代表戦(日本代表vsJリーグ選抜)の試合を見るまで半信半疑でしたがはっきりとサッカーを通じてできる事があると思えました。

失われた多くの方々の命や日常生活、ご家族や周囲の方々の想いを考えると、軽はずみな事は言えませんが先日の試合(特に1試合通じて選手たちの鬼気迫る表情)から自分もはっきりとこれからの勇気と覚悟とをもらう事ができました。

私の指導する広島県立広島皆実高校はいくつかの練習試合、強化遠征を見送らざるを得ない状況にはなりましたが、今は選手たちと一緒にグランドに立つ事ができている状況です。

自分は被災地に1億円を届ける事はできません。
被災地や被災された方々、日本の事や世界の事を想い続ける思いやりと優しさをもった数多くの人間を育てようとするのが自分の仕事です。
サッカーの力と明日の日本や世界を担う目の前にいる広島の子ども達の力を信じて前に進んでいきたいと思います。

広島は今から65年前に原子爆弾が投下され一瞬の内に25万人の方々の命が失われた土地です。
不可避であった今回の自然災害と65年前の人間の愚行を比較する事はできませんが、われわれが力を合わせて後生に語り継ぐ必要がある事に変わりはないでしょう。

時が経ってもその想いを風化させないように高校サッカーを通じて平和都市広島から発信していきたいと思います。
みなさん、頑張りましょう!!

平成23年4月
広島県立広島皆実高校サッカー部
監督 藤井 潔


1

関連記事

関連記事一覧へ

震災復興応援プロジェクトコンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【応援メッセージ】 サッカーと子ども達の力を信じてー藤井潔監督(広島皆実高校サッカー部)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ