1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. トーナメントは必要ない!? リーグ戦が子どもを成長させる理由

考える力

トーナメントは必要ない!? リーグ戦が子どもを成長させる理由

2015年6月16日

キーワード:サッカー大会プレイヤーズファースト幸野健一育成

今年から全日本少年サッカー大会が夏から冬に移行し、大会の予選にはリーグ戦が導入されはじめました。
 
「トーナメントよりもリーグ戦の大会を」
 
このような少年サッカー大会のリーグ戦化を強調する声は、以前より存在しました。なぜ、トーナメントよりリーグ戦なのでしょうか? あなたは考えてみたことはありますか? それは単なる組み合わせ方式の違いではありません。
 
サッカーに関する課題解決を図るサッカーコンサルタントとして活躍しながら、アーセナルサッカースクール市川の代表を務める幸野健一さん。ジュニア年代の指導者が中心となって誕生した『U-11プレミアリーグ』の責任者でもある幸野さんに、リーグ戦化の意味について話をうかがいました。(取材・文 鈴木智之 写真 鈴木蹴一)
 
 
11212220_1667176140179097_45947810_n_s.jpg
 

■トーナメントよりリーグ戦。その理由とは?

――幸野さんは何年も前から『育成年代のリーグ戦化』を提唱しています。近年、日本サッカー協会もリーグ戦化を進めていますが、リーグ戦を導入することが、選手の育成にどのような影響をおよぼすのでしょうか?
 
幸野:育成年代の大会を見ると、多くがトーナメント形式で行われています。代表的なのが高校サッカー選手権で、一回戦で負けたチームはそこで終わり。強いチームが何試合もできるシステムです。つまり、弱いチームの選手は経験できる真剣勝負の数が少なくなってしまうんです。リーグ戦の場合、あらかじめ試合数が決まっているので、勝っても負けても、真剣勝負の機会は確保されています。選手は公式戦などの真剣勝負を経験することで成長していくもの。練習試合ではなく、緊張感を持った中でどれだけ練習の成果を発揮できるか。その繰り返しが、選手を成長させていくと思っています。
 
――幸野さんは、育成年代の指導者が中心となって作った『U-11プレミアリーグ』の責任者もされています。これは、どのような理由で立ち上げたのでしょうか?
 
幸野:私は昔から、育成年代のリーグ戦化こそが、日本サッカーの強化につながると思っています。外から意見していても変わらないので、それならば自分たちでやってみようと。東京や神奈川の指導者が中心となり、U-11年代のリーグ戦化を実現するなかで、私が代表を務めるアーセナルSS市川も参加し、千葉県でも開催することになりました。グラウンド確保の問題もあるので初年度は難しいですが、なるべくホーム&アウェイに準ずる形で、同じ対戦相手と1年間に2回試合をするレギュレーションにしています。
 
――なぜ、同じ相手と2回試合をする形にしたのですか?
 
ここに、私が考えるリーグ戦化のポイントがあります。プロのリーグ戦は原則としてホーム&アウェイで行われます。同じ相手と2回試合をするということは、最初の試合を戦った経験を、次の試合に活かすことができるわけです。もし最初の試合で負けたのであれば、失点場面を振り返って、次に同じやられ方をしないように対策を練る。分析をして、試合でトライする。それを繰り返すことが、選手や指導者の成長につながる、ひとつの方法だと思います。現にヨーロッパのサッカー強国は、7歳からリーグ戦を取り入れていますよね。僕らよりサッカーの歴史が古い彼らが試行錯誤し、辿り着いた最適な育成環境がリーグ戦なのです。
 
――5月にU-11プレミアリーグ千葉がスタートしましたが、どのようなレギュレーションなのでしょうか?
 
プレミアリーグ千葉は、原則として1日あたり、1チーム1試合です。もちろん、フレンドリーマッチは行いますが、できれば1日に1試合だけにしたいと思っています。やはり、1日に2試合も3試合も戦うとなると、選手たちのプレーインテンシティは下がってしまいます。選手の強化にとって大切なのは、目の前の1試合に向けて最大の準備をして、全力を出し切ること。サッカーとは、瞬間的に爆発的なスプリントをしたり、球際の局面でパワーを発揮したりと、短時間で一気に力を出すことが求められるスポーツです。日本は社会全体がそうなのですが、長時間労働がよしとされていて、常に80%の力で長くやる。それはサッカーというスポーツの特性上、トレーニング効果が薄れると思います。
 
――トーナメント形式の場合、実力が下のチームが勝つこともありますが、通年のリーグだと、実力が結果に正しく反映されます。
 
リーグ戦をすることで、ヒエラルキーができますよね。トーナメントの場合、1回戦負けのチームと3回戦負けのチームの間に、差を見出すのは難しいです。リーグ戦でカテゴリーが1部、2部、3部と別れると、どのチームが強いかは一目瞭然。選手の中に「1部でプレーしたい」という気持ちが出てくるのは自然なことですよね。それに合わせて、クラブを自由に移籍できるシステムも必要です。それぞれの選手が、自分に適したレベルのリーグ、チームで毎週末、公式戦をプレーできる。それがプレイヤーズファーストだと思います。現状だと、プロになりたい子とサッカーを楽しみたい子が同じチームにいて、お互いに言い合ったりすることもあるわけですよね。同じ志を持つ子同士が、同じレベルのチームでサッカーができる仕組みを作れば、そういうことも起きにくくなります。これは、みんなにとって幸せな仕組みになるはずなんです。
 
次ページ:日程調整やグラウンド確保は大変でも、子どものためなら頑張れる

logo2015.png
幸野健一さんのセミナー動画や記事も読めるアプリ『部活Do』のダウンロードはこちらから!
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 鈴木智之 写真 鈴木蹴一

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(245件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. トーナメントは必要ない!? リーグ戦が子どもを成長させる理由

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  2. ジュニアユースと学業の両立どうなんだ問題
    2016年12月 9日
  3. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  7. バディスポーツ幼稚園に学ぶ「子どもの"積極性"を育む」子育て7つのコツ
    2016年12月 2日
  8. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  9. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  10. 初心者コーチの心得その4:子どもそれぞれのキラッと光る部分を探そう
    2016年12月 8日

一覧へ