1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 日本人に足りないモノは? 世界的指導者集団のコロンビア戦分析

考える力

日本人に足りないモノは? 世界的指導者集団のコロンビア戦分析

2014年6月26日

コロンビアに1対4と大差をつけられ、ブラジルの地を去ることになった日本代表。コロンビア戦の敗因とともに、グループリーグ3戦を通じて浮かび上がった日本の課題を、スペイン・バルセロナを拠点に活動する世界的指導者集団、サッカーサービス社のポール氏が分析した。
 
IMG_8742.JPG
(写真・文/鈴木智之 写真/松岡健三郎)
 

■今野選手のスライディングタックルの必要性はゼロ

 
日本代表は1、2戦目に比べて、勇気を持って攻撃的なサッカーを展開しました。しかし、スコアは1対4。ゴールを決めて勝ちに行くため、ある程度守備にリスクを冒す必要はありましたが、これだけ失点してしまうと、勝利は遠く離れていってしまいます。日本は大会を通じて、守備時の判断ミスが多くありました。コートジボワール戦の2失点、コロンビア戦の4失点、すべてを防ぐことができたと言うわけではありませんが、正しい対処の仕方ができていれば、失点に繋がらなかったケースもあります。
 
コロンビア戦は最初に失点したことで、難しい試合になりました。今野選手がPKを与えた場面ですが、相手の21番(ジャクソン・マルティネス)の身体はゴールとは反対側を向いていました。ペナルティエリアの中に入ってきてはいましたが、シュートを打てる態勢ではありません。その状態でスライディングタックルをする必要性はゼロです。21番にシュートを打たせないように、身体を寄せるだけで良かったのです。これは今野選手に限らず、世界的に見ても多くのDFが犯しているミスなのですが、「ボールに先に触りたい!」という気持ちが先行し、足から先に守備に行ってしまうのです。今野選手は足から相手にコンタクトをしたことで倒す形になり、PKをとられました。守備時のファーストコンタクトは、腕や身体を使って相手のプレーを制限し、距離を詰めてから足を出すのが鉄則です。今野選手が良い状況判断とプレーの選択ができていたら、防ぐことのできたPKだったと思います。
 
2、3、4失点目は日本の守備陣がボールばかりを見てプレーしていたことで、招いたものです。ボールホルダーに気を取られ、ゴール前中央という危険なエリアで10番(J・ロドリゲス)をフリーにしてしまいました。そして、彼にボールが入ったときもマークすべき21番を見失い、そこにパスを通されました。このレベルの試合においては、ゴール前でマークすべき選手を見失うとゴールを決められてしまいます。
 
3失点目は内田選手にパワーが残っておらず、斜めのコースを走る21番について行くことができませんでした。シュートを打たれた場面では、相手との距離が離れすぎていてシュートブロックをすることができませんでした。4失点目も同様に、内田選手が守備に戻れていたら3対2の数的優位を作ることができたので、あれほど簡単にゴールを割られていなかったかもしれません。しかし、それまで何度もオーバーラップを繰り返していた内田選手に、戻って相手選手をケアするパワーは残っていませんでした。
 
この試合、内田選手は積極的にオーバーラップをし、なんとか得点チャンスを作ろうと必死にプレーしていました。点をとって勝たなくてはいけない状況を考えると、その判断は正しいと思います。ですが、チームとして内田選手のオーバーラップを活かすコンビネーションが確立されていたかというと疑問が残ります。守備時も同様で、彼が必死に戻らなくてはいけない場面が何回あったでしょうか。
 
サイドバックがオーバーラップをしたとき、当然ながら守備の人数は減ります。そこで安易にクロスボールをあげて跳ね返されると、カウンターのピンチを招くことになります。コロンビアはカウンターが得意なチームです。彼らは日本の守備に穴が空くのを、虎視眈々と狙っていました。この試合では、守備のときに内田選手が上がったスペースをチーム全体で連動してケアする、あるいは攻撃時にシュートで終わるといった“約束事”がほとんど無いようでした。
 
MKP_2390.jpg
 

■自陣ペナルティエリア内では、手を伸ばせば相手に触れる距離間を徹底すべき

 
今大会の日本は、攻守においてチームの約束事があまり見られませんでした。攻撃でこのエリアを攻略したい、そのためには最終ラインから中盤を経てボールをこう動かして…というコンビネーションがなかったので、攻撃は選手のアドリブに頼ることになり、選手同士の意思が噛み合わなければ失敗し、ボールを奪われてカウンターを受けるという状況を招いていました。
 
また、守備の場面でボールを見過ぎることによって、守るべきスペースを空けてしまい、フリーの選手を作っていました。ペナルティエリア内では、「相手に身体をぶつけて自由にさせない守備」をする必要があります。しかし、多くの場面で日本の選手は相手選手と離れたところにいて、簡単にシュートを打たれていました。コートジボワール戦の失点がまさにその形です。ペナルティエリア内では、「手を伸ばせば相手に触れる位置」で守備をする必要があるのですが、対人プレー時の認知(どこに相手がいて、どのスペースに進もうとしているか)が甘く、フリーでシュートを打たれる場面を招いていました。
 
IMG_8735.JPG
 

■即興ではなく約束事を。日本の優れた個人技術を活かすために

 
今大会の日本代表は攻守において「チームとしてどう攻めるか、どう守るか」というオーガナイズ(組織づくり)が確立されていませんでした。これから、世界の舞台で結果を残していくためには、チームとしての戦略、戦術を確立した中でどうポゼッションをして、ボールを動かしていくかがポイントになります。攻撃時に縦に急ぎ過ぎず、ボールを保持してスペースを使いながら攻めて行く。そして、チームがひとつの集団として攻撃し、ひとつの集団として守備をする。選手個々の能力を高めることも大切ですが、チームとしてプレーする中で個が輝くのです。
 
チームとして目指す攻撃の形があり、そこから逆算して、このときはこの選手とこの選手が絡んでボールを動かそう、というのが戦術です。本田にボールを入れるために、岡崎がダイアゴナルランをして相手のマークを引きつけたり、本田をフリーにするために、長谷部がボールを運ぶドリブルをして相手の注意を引きつけるといった、戦術的なプレーの精度を高める必要があると思います。今大会の日本には、ボールを動かすための約束事が少なくボールを持った選手が、視野に入った選手にパスを出すという即興性に頼ったものでした。このやり方だと、偶発的にしかゴールは生まれません。
 
日本の選手は、個人の技術は優れています。あとは、それをチームとして効果的にどう活かすか。それが今後、国際舞台で存在感を高めていくためのポイントになるでしょう。少し厳しい指摘になってしまったかもしれませんが、私自身、日本で指導に携わる中で、多くの選手を成長させることができればと思っています。
 
 
【PR】
世界に通用するサッカーのプレーコンセプトをサッカーサービス社が指導
 
●サッカーサービス社の小学生向け、中学生向けキャンプを同時開催!
MVPはバルセロナに招待。詳しくはこちら>>
 
●サッカー選手が13歳までに覚えておくべき個人戦術を解説
守備時の判断、対人プレー時の認知、距離感が学べるDVDはこちら>>
 
 
porl_profile_200.jpg
ポール・デウロンデル
UEFA監督ライセンスA級を所持。サッカーサービス社において試合分析の責任者を務める。現在は、サッカーサービススクール常駐コーチとして来日中。
 
サッカーサービス社とは
スペイン、バルセロナに本拠を構えるプロの指導者集団。欧州名門クラブの育成監督などで構成され、リーガ・エスパニョーラトップチームの選手をはじめとした世界一流選手のパーソナルコンサルティングを行う一方、欧州を中心に世界各国でクリニックを開催し、若手選手の育成にも力を入れている。また、2014年4月から関東圏にU-12対象の常設スクールを開校した。
 
1
写真・文/鈴木智之 写真/松岡健三郎

関連する連載記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(248件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 日本人に足りないモノは? 世界的指導者集団のコロンビア戦分析

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  5. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  6. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日

一覧へ