1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 国旗と違う色をまとう国の戦士たち

サッカー豆知識

国旗と違う色をまとう国の戦士たち

2014年6月24日

キーワード:イタリアオランダワールドカップ

【いとうやまねの『テレビdeワールドカップ!』vol.3 国旗と違う色をまとう国(日本・イタリア・オランダ) 】
 
「親子でワールドカップをテレビ観戦しよう」をコンセプトにお送りするコラムの第3回は、『国旗と違う色』をチームのメインカラーに使用している国をご紹介しましょう。「アッズーリ(空色)」「オランイェ(オレンジ色)」「サムライブルー」。いずれも国旗には使われていない色を使用している代表です。
 
空色をメインカラーにしているイタリアの国旗は、緑・白・赤の三色旗です。オランダの客席は見渡すかぎりオレンジ色ですが、国旗は赤・白・青のトリコロール。日本も、日の丸の白と赤ではなく「青」を使っています。   
 
これらのチームカラーには、その国の歴史や伝統が反映されています。
 
<< PREV | 
 
イタリア代表
Photo by Vaughan Leiberum Azzurri Team
(取材・文/いとうやまね)
 
 

■イタリア代表アッズーリ

イタリア代表は、サッカーに関わらず全ての競技で空色をチームカラーにしています。また、チームの愛称もイタリア語で空色を表す「アッズーリ」です。この色はどこから来ているかというと、14世紀のフランス。現在のイタリアとスイスとの国境にあるサヴォワ県が、アッズーリ発祥の地になります。
 
この地方は11世紀初頭に神聖ローマ皇帝コンラート2世が征服し、「モミの木の森」を表す『サヴォワ』という地名になります。その領主に任命されたのは、ウンベルト1世ビアンカマーノ。彼は領地の地名から「サヴォワ伯」と呼ばれるようになります。後にイタリア全土を統一する「サヴォイア家(サヴォワのイタリア語読み)」の始祖にあたります。
 
それから300年。サヴォイア家18代領主アメデーオ6世が、一族の旗印として「空色」を採用することになります。きっかけは、オスマン帝国への遠征だったようです。その後も代々引き継がれて、イタリアを代表する色になったのです。現在のイタリア軍のスカーフもアッズーリです。三色旗よりも古くからある伝統色への敬意ともいえます。
 
オランダ代表
写真:Getty Images

■オランダ代表のオレンジ色

オランダのオレンジ色も、イタリアと同じくフランスが発祥の地です。オランダ建国の父、オラニエ(オランイェ)公ヴィレムは、16世紀に姻戚関係により、男系の絶えたオランジュ(Orange)公国の公位を引き継ぎます。その時からオラニエ公と呼ばれるようになりました。
 
オランジュ公国は南仏プロヴァンス地方の公領で、中心都市のオランジュでは、長年オレンジの売買が大々的に行われていたといいます。「南国の果物の名前がなぜオランダ王家の名前なのか?」という不思議は、そこに隠されていたのです。
 
現在のウィレム=アレクサンダー国王の正式な名前、『ウィレム=アレクサンダー・クラウス・ヘオルフ・フェルディナント・ファン・オラニエ=ナッサウ』にも、「オラニエ」という名前がちゃんと入っています。
 
オラニエ=オレンジ(オレンジ色)、というのが、オランダがオレンジ色を「国の色」にしている理由です。
 
 

■「青」は日本代表のラッキーカラー

日本代表の「青」は、「空の青」「海の色」「東京大学のスクールカラー」「当時勝ち目のなかった韓国と逆の色」など、いろんな説があるようですが、文献が残っておらずどれも根拠はありません。現在は『日本の国土を象徴する海と空の青』ということで落ち着いているようです。
 
サッカー日本代表のユニフォームとしては、戦前に「水色」を採用していたようで、戦後になってもそれが引き継がれました。1964年の東京オリンピックでは上下とも白となり、メキシコオリンピックでは白のシャツに紺色のパンツが使用されました。
 
一時期、日の丸の「赤と白」のユニフォームが採用された時期があったのですが、成績のほうが振るわず、1992年には再び白と青のユニフォームに戻されました。それが、現在の「SAMURAI BLUE」へと引き継がれています。
 
三カ国とも、メインカラーのTシャツや応援グッズが充実していますが、さりげなく国旗の色を一部あしらってみたり、国旗をマントのようにたなびかせていたりと、さまざまな工夫があるようです。ぜひ、参考にしてみてください。
 
 
<< PREV | 
 
 
***************************************
☆注目カード(日本時間)
6月25日AM5:00日本-コロンビア
***************************************
 
 
いとうやまね
サッカー専門誌のコラムニストとして、またサッカー専門TV 番組、海外サッカー実況中継のリサーチャーとしても活動。著書には、『フットボールde国歌大合唱!』『サッカー誰かに話したいちょっといい話』(東邦出版)、『蹴りたい言葉~サッカーファンに捧げる101の名言』(電波実験社)、『プロフットボーラーの家族の肖像』(カンゼン)、『攻略ガゼッタ・イタリア語でカルチョ情報をGETしよう!』『トッティ王子のちょっぴしおバカな笑い話』(沖山ナオミとの共著・ベースボールマガジン社)他がある。
Twitter:https://twitter.com/mipolin_tokyo
Facebook:https://www.facebook.com/ito.yamane
Blog:国歌斉唱blog
 

 

1
取材・文/いとうやまね

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(233件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 国旗と違う色をまとう国の戦士たち

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ