1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. ワールドカップを彩るロイヤルファミリーたち

サッカー豆知識

ワールドカップを彩るロイヤルファミリーたち

2014年6月13日

キーワード:ワールドカップ

【いとうやまねの『テレビdeワールドカップ!』vol.2 華麗なるロイヤル・ボックス(スペイン・オランダ、他) 】
 
「親子でワールドカップをテレビ観戦しよう」をコンセプトにお送りするコラムの第2回は、華やかな『王族サッカーファン』のみなさまをご紹介しましょう。
 
ワールドカップ会場のメインスタンド中央には、VIPをお招きする席があります。そこには、各国の王族の方々もいらっしゃいます。サッカー大国の王様、王子様は、かなりの割合でサッカー好きだとか。今ブラジル大会も、たくさんのロイヤルファミリーがご観覧を予定されています。
 
<< PREV | NEXT >>
 
ロイヤルファミリー
写真:Getty Images
(文/いとうやまね)
 

■スペイン王室vsオランダ王室

かつては宗主国スペインに反旗をひるがえし、独立を勝ち取ったオランダ。16世紀半ばから17世紀半ばまで続いた『八十年戦争』という名称は、スペイン、オランダ両国の対戦のたびに、新聞紙面のキャッチコピーとして使われてきました。今大会も、二日目にしてこの対戦が実現します。
 
VIP席では、両国のロイヤルメンバーが並んで観戦するはずです。もっとも、スペインもオランダも優勝候補なので、予選リーグがすべて済んでから、満を持しての来日かもしれません。
 
まずはスペイン王室から。スペインからいらっしゃるのは、フェリペ=アストゥリアス公とレティシア妃。フェリペ王子は、マドリディスタを公言なさっている国王ファン・カルロス1世のご長男。身長196cmのスポーツマンで、ヨットの選手としてオリンピックに出場したこともあります。
 
フェリペ王子の曾お爺さまアルフォンソ13世は、いくつかのチームに「レアル」の称号をお与えになった張本人。スペイン代表GKイケル・カシージャスらが所属する、レアル・マドリ―もそのひとつです。
スペイン国王杯は、アルフォンソ13世の戴冠記念に開催された大会であり、スペイン王室とサッカーの縁の深さを表しています。
 
一方のオランダ王室からは、ウィレム=アレクサンダー国王とマクシマ妃。どこから見ても一目でわかるオレンジ色の代表マフラーとネクタイを身に着けて、ご参戦なさいます。
 
マクシマ妃は偶然にもサッカー大国アルゼンチンのご出身。以前アルゼンチンがオランダと対戦することになった時には、〝旦那様″からオランダを応援してほしいと懇願されたとか。ご夫妻そろってリアクションが大きく、オランダサポーターから大人気なようです。
 
GettyImages_450339088_600.jpg
写真:Getty Images
 

■プリンスは名誉総裁

背の高いイギリスの王子たちと、元イングランド代表のデビッド・ベッカムが、一緒に催し物に出席している写真をご覧になられた方も多いと思います。エリザベス女王(エリザベス2世)のお孫さんにあたる、ケンブリッジ公爵ウィリアム王子とヘンリー王子です。
 
 ウィリアム王子はイングランドサッカー協会の名誉総裁でもあられ、ワールドカップ招致のプレゼンテーションでもスピーチを披露。結果はともないませんでしたが、話題をさらいました。
 
ちなみに、ウィリアム王子はイングランド・プレミアリーグのアストン・ヴィラファンで、「(アストン・)ヴィラがマンチェスター・ユナイテッドを(ホームの)ヴィラパークで打ち負かすところを息子と一緒に観に行きます」と公の場で話されるほど。
また、エリザベス女王は昔からアーセナルファンで、過去に2回も宮殿に監督と選手を招待してお茶会をしたそうです。
 
 

■プリンセス・タカマド

われわれ日本代表にも皇室から強力な後押しがあります。
高円宮妃久子さまは、日本サッカー協会の名誉総裁でいらっしゃいます。いつもジャパンブルーを意識されたお召し物とジュエリーで、我々との一体感を示してくださいます。 
妃殿下は、ネイルにも気を使われるようで、鮮やかな青い爪に八咫烏やサッカーボールをあしらわれているお写真がニュースになりました。選手たちの活躍を趣味のカメラで収めることもあるようです。
 
その他、ベルギー王室のみなさんもサッカーが大好きで、昨年戴冠なされたフィリップ国王は、日韓ワールドカップの時には、浩宮さまと一緒にVIP席でご観覧になりました。日本対ベルギー戦の結果は、仲良く同点でしたね。
 
 
<< PREV | NEXT >>
 
 
***************************************
☆注目カード(日本時間)
6月14日AM4:00スペイン-オランダ
***************************************
 
いとうやまね
サッカー専門誌のコラムニストとして、またサッカー専門TV 番組、海外サッカー実況中継のリサーチャーとしても活動。著書には、『フットボールde国歌大合唱!』『サッカー誰かに話したいちょっといい話』(東邦出版)、『蹴りたい言葉~サッカーファンに捧げる101の名言』(電波実験社)、『プロフットボーラーの家族の肖像』(カンゼン)、『攻略ガゼッタ・イタリア語でカルチョ情報をGETしよう!』『トッティ王子のちょっぴしおバカな笑い話』(沖山ナオミとの共著・ベースボールマガジン社)他がある。
Twitter:https://twitter.com/mipolin_tokyo
Facebook:https://www.facebook.com/ito.yamane
Blog:国歌斉唱blog
 

 

1
文/いとうやまね

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(228件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. ワールドカップを彩るロイヤルファミリーたち

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  2. 「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置に欠かせないアイテムとは
    2017年7月12日
  3. 小さな成功体験を積むことが自信につながる! 自主性・主体性を育てる「しつもん」のしかた
    2017年7月14日
  4. サカイク読者のパパママならおさえておきたい プロテイン7つのポイント
    2017年7月18日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  7. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  8. これぞ最新決定版! 「何をいつどうやって飲むのか」 意外と知らない水分補給のポイントを伝授
    2017年7月10日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
     

一覧へ