1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「"ずるさ"とリスペクトは相反するものではない」マリーシアについて

サッカー豆知識

「"ずるさ"とリスペクトは相反するものではない」マリーシアについて

2011年11月28日

キーワード:ファウル指導者育成

DSC06673.JPG
 
前回のコラムでマリーシアについて、ぼくの意見を書かせてもらいました。相手チームのファウルをした選手が、「ごめん」と謝っているあいだに素早くリスタートをして、ゴールを決めたという話です。
 
<<前回の記事から読む
 

■選手が考えて全力でプレーすることが最大のリスペクト

ぼくは選手たちに、「練習や試合で失敗しても謝るな」と言っています。チームメイトに謝っている時間があるのなら、次はどうすればいいか? なんでミスをしてしまったのか? を考えたほうがいいと思っているからです。そういった日々の教えが見事に出て、ぼくのチームの選手たちは、相手チームの選手が謝っているあいだにゴールを決めてしまったのでした。
 
選手たちがした素早いリスタートを「ずるがしこい」と思うかどうか。それは人それぞれだと思います。でもぼくは、非難されるプレーではないと考えています。
 
育成年代の指導現場でよく耳にする「リスペクト」という言葉。これはすばらしいと思いますが、ファウルをしてしまった相手に「ごめん」と謝ることがリスペクトかというと、一概にそうとは言い切れません。それは、試合の状況によると思います。
 
選手が一生懸命考えて、全力でプレーすること。ぼくはそれが最大のリスペクトだと思います。そして、リスペクトとマリーシアが相反するものではないことも、選手たちに教えてあげたいと思っています。
 
よくマリーシアと称されるものに、「時間稼ぎ」があります。ぼくのチームでも、勝っている試合の終了間際に、時間稼ぎをする選手がいます。なかには、へたくそな演技で足を攣(つ)ったふりをする選手もいます。そこで「早くしろ」とは言いません。
 
時間稼ぎがマリーシアかどうかはわかりませんが、選手は勝つために必死に考えて、時間を消費しようとします。それ自体、ぼくは奨励もしないかわりに、否定もしません。勝つためにどうすればいいかを考えているあいだ、脳は活性化して、その選手なりにアイデアを出そうとします。その瞬間、選手は真剣なんです。だからぼくは、なにも言いません。ただ、時間稼ぎや演技があんまり可笑しい場合は、「見苦しいぞ(笑)」とは言いますが。
 
そこで、見苦しい真似をせずに、平然とプレーすることで、メンタル的に相手を上回ることができる場合もあります。どの手段をとるかは、選手次第。そこに選手の個性が見えてきます。ある選手はコーナー付近でボールキープをしたり、ある選手は勝ってようが負けていようが、おかまいなしにドリブル突破を狙っていたり。どのプレーをするかは、選手が考えることです。
 

■大人は子どもが考えたことを頭ごなしに否定してはいけない

サッカーというスポーツで大切なのは「自分で考える」こと。大人はそれを活かしてあげないともったいない。小学生であっても、大人があっと驚くようなおもしろいことを考えることもあります。そこに大人だからとか、子どもだからとかは関係ないんです。
 
サッカー少年たちが将来、社会に出て働いて、ご飯を食べていくために大切なのは、自分で考えて行動すること。ただ上司に言われた仕事をこなしていればOKだった時代は、過去のものになりつつあります。
 
サッカーは、自分で考えるなどの「自主性」を育むことについて、うってつけのスポーツです。だから、ぼくたち大人は、子どもが考えて行動することを、頭ごなしに否定してはいけないと思っています。
 
指導者ができることは、選手のアイデアを尊重すること。より良い選択をするための引き出しを、多く持たせること。その結果、選手は状況に即したプレーができるようになるのだと思います。
 
kojima2.jpg
小島 直人//
こじま・なおと
海外での選手経験の後、指導者として中学、高校、地域クラブや東京ヴェルディコーチとして様々なカテゴリーの指導にあたる。情熱的で卓越したコーチングスキルには定評があり、NIKEエリートトレーニングでは専属コーチとして毎年1万人以上の中高生をクリニックで指導した。現在は、大森FCの代表を務める。
 
大森FC
大森FCではプロサッカー選手を目指す選手を募集中。
セレクション・体験練習のご案内はコチラ
1
取材・文/鈴木智之  写真/サカイク編集部(ダノンネーションズカップ2011より)、youpapa

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「"ずるさ"とリスペクトは相反するものではない」マリーシアについて

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  2. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  5. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
    2017年3月17日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ