1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論

インタビュー

「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論

2017年1月11日

キーワード:FC東京お父さんやる気インタビュー子育て徳永悠平

長年にわたってFC東京を支えてきた徳永悠平選手は、3男1女の父親でもあります。小学1年生の長男と幼稚園年中の次男は、すでにサッカーをはじめているそうです。多くのお父さんと同じように、“極力、家に仕事は持ち帰らない”ように心掛けているという徳永選手は、サッカー少年を育てるためにどのようなことを心掛けているのでしょうか。今回は、徳永選手の父親としての一面に触れていきます。(取材・文 出川啓太 写真 波多野友子)

IMG_2566_s.jpg

<<「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
 

■本当に楽しいと思えることをやってもらいたい

徳永選手は、子どもたちの成長を助けるために、あることを心掛けているそうです。
 
「子どもたちの選択肢を増やしてあげたいので、体操や水泳など、サッカー以外にもとりあえずやりたいものをやらせてあげるようにしています。できるだけ子どもたちの可能性をつぶさないように。続けていくうちに自分に向いているか、興味を持てるか、だんだんわかってきて自然と絞り込むようになるのかなと思っています」
 
一度触れさせてみて、どれを選ぶかは子どもに任せる。選択肢を増やしてあげるとはそういうこと。子どもたちに絶対にサッカーを続けさせたいという気持ちはないと言います。
 
「家の中にボールがあり、それを子どもたちが蹴っていました。それが、彼らがボールを蹴りはじめたきっかけです。サッカーをやらせたかったというより、ぼくが子どもと遊ぶときに思いつくものがサッカーくらいしかなかった、という感じですね。いまでは長男が小学1年生、次男が幼稚園の年中なので、公園にいってボールを蹴るようにもなりました」
 
また、サッカーを強制するようなことはしたくないとも言います。
 
「子どもたちには、辞めたかったらいつでも辞めていいよ、と伝えています。サッカー以外に本当にやりたいことがあったらやったほうがいいと思います。サッカーに固執する必要はないし本当に楽しいと思えることをやりなよ、とは伝えています」
 
IMG_2502_s.jpg
 

■好きなことだから、苦しいときにもう一歩がんばろうと思える

子どもならばサッカーをやりたいときがあれば、それ以外の遊びをしたいときもあるのが当たり前。自ら「やりたい」といって始めたからといって、サッカーをしたくないときに、「〇〇がやるって言ったのに、なんで今日はやる気がないんだ」と無理にサッカーを強いることは逆効果です。
 
「ぼくにとって、自分の内側からやりたいと思えることがサッカーでした。小学校のころは野球もやっていたけど、やっぱりサッカーが一番でした。つねにグラウンドを走り回れるサッカーが好きでした。そのサッカーを続けたから、いまのぼくがあると思っています。つらい練習を乗り越えられたのはサッカーだったからです」
 
だからこそ、子どもたちにも自分の内側からやりたいと思えることを続けてもらいたいと願う。好きなことも長くつづけていけば、つらいことや苦しいこともあるものです。
 
「好きなことだから、つらくて苦しいときにもう一歩がんばろうと思える。そして、がんばって乗り越えた先に見えてくるものがあります。そうやって、自分で考えて課題を解決していく力が身についていくと思っています」
 
 
次ページ:自分でしっかりと考えて取り組んでいるほうが成功する確率は高い
 

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 出川啓太 写真 波多野友子

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ