1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. サッカーへの理解度を深めることでインテンシティも高まる

インタビュー

サッカーへの理解度を深めることでインテンシティも高まる

2014年7月22日

キーワード:コミュニケーションスペイン知のサッカー

年代別の日本代表で活躍し、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャ、香港のリーグでプレー経験を持つ、国際派ストライカー・福田健二選手。スペイン・バルセロナに拠点を置き、日本を始め世界中のサッカー選手・指導者のコンサルティングを行うサッカーサービス。今回は特別企画として『スペインサッカー』という共通項を持つ福田健二選手とサッカーサービスのポールコーチの対談が実現! 2回目は「ブラジルW杯」や「プレーインテンシティ」など、盛りだくさんの内容です!
(取材・文/鈴木智之)
 
<<選手それぞれがサッカーに対する哲学を持っているスペイン
 
福田健二選手とポール氏
 
 

■南米の高いインテンシティは、メンタルの昂ぶりから生まれる

――スペインリーグ2年目となるヌマンシアでは、38試合に出場して10得点をあげました。どのようなシステム、ポジションでプレーしていたのでしょうか?
 
福田:システムは1-4-2-3-1で、センターフォワードで出場していました。チームにはベテラン選手が多く、バルサのカンテラでプレーしていた選手もいたのですが、彼らはサッカーをよく知っていましたね。ヌマンシアのスタイルはシンプルで、ロングボールを積極的に使いますし、得点パターンはクロスを中で合わせるものと、3人目の動きで裏に抜けて流し込む形が多かったです。スペインのDFはプレー中、よく話しかけてくるんですよね。「日本人にサッカーができるのか?」とか。精神的に追い込んでいきたいんだろうなと(笑)。相手を不快にさせようとしているなとは思いましたね。
 
ポール:スペインではよくあることです。空中戦で飛ぶ前に、わざと足を踏んでからジャンプをする選手もいます。
 
福田:それをされて、靴ひもが何回か切れたことがあります。パラグアイはもっとひどかったので、慣れていましたが(笑)
 
――福田さんはパラグアイ、メキシコと南米でもプレーされています。ブラジルW杯では南米勢の活躍が目立ちましたが、どのような印象を持っていますか?
 
福田:南米大陸で戦うときの、南米のチームは強いですよね。普段の試合とは、パフォーマンスが全然違います。力の入れ方もすごいですし。感情の昂ぶりを見ていると、彼らにとって南米大陸で行われるW杯は、特別なものなんだろうなと思いました。ブラジルの選手が国家斉唱のときに涙を流したり、ブラジルのGKジュリオ・セーザルがPK戦の前に泣いたり。パッション(情熱)を表に出す部分を見ていても、いままでのW杯とは違うなと感じましたね。
 
ポール:ブラジルW杯では、南米チームのインテンシティ(プレー強度)はものすごく高いものがありましたし、コロンビアやチリのように、サッカーの質そのものが高いチームもいます。
 
福田:インテンシティで言うと、南米の選手の試合にかけるメンタルはすごいですよね。最後の最後の場面で身体を投げ出して足を出すのは、メンタルがかなり影響していると思います。インテンシティを高めるためには、日頃のトレーニングでどれだけ重要視して、意識できるかだと思います。身体をぶつける、フィジカルコンタクトの強さも必要ですし、1本のシュートにこだわること、シュートを打たせないために、身体を投げ出す気持ちの面などは、指導者が言うべきだと思います。ペナルティエリアに入って、シュートを打つ場面になると、相手は身体を投げ出してきますよね。FWの選手はそれをどうかわすか。ブラジルW杯を見ていると、DFが身体をぶつけようとしても、一瞬のスピードの変化でかわされたりして、接触できない場面も目にします。ステップワークの重要性も感じますね。
 
1  2
取材・文/鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(130件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. サッカーへの理解度を深めることでインテンシティも高まる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ