1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 季節の変わり目も元気に!秋にピッタリの栄養補給メニュー

健康と食育

季節の変わり目も元気に!秋にピッタリの栄養補給メニュー

2012年9月19日

キーワード:レシピ栄養食事

IMG_6518_600.jpg
 
新学期が始まったとはいえ、残暑続きの毎日で子どもの食欲も減退していませんか。特にサッカーをやっていると、暑さだけではなく練習の疲れが出ている場合もあります。親として、少しでも食べやすくて栄養のあるものを食べさせてあげたい!そんなパパ・ママのために、料理が苦手でも用意できる栄養補給メニューを、公認スポーツ栄養士であるルミさんこと「こばたてるみ」さんに紹介してもらいました。気になるレシピや食べさせたいメニューがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。
 
 

■見た目も味も栄養も重視するよくばりパパ・ママに栄養バッチリこだわりメニュー

ryouri3_300.jpg

 
【こだわりMENU 01 サバの竜田揚げ】
1 半身に切ってあるサバをブツ切りにする
2 おろし生姜、おろしニンニク、醤油、みりんと、少量の酒を入れた中に30分浸けておく
3 片栗粉入りのビニール袋に具材だけ入れると、楽に揚げ物ができる
4 小さめのフライパンに油を2~3センチ熱して揚げると残りの油を捨てることもなく手間もかからない
 
ルミさん ONE POINT ADVICE1
油をしく目安は、具材が半分浸かるくらいまでにしてください。途中で油がなくなったら、継ぎ足してくださいね
 
 

ryouri2_300.jpg

 
【こだわりMENU 02 サケのホイル焼き】
1 ホイルの上に薄くバターか油を塗る
2 サケをのせて塩とこしょうをまぶし、酒をちょっとたらす
3 野菜(ぎんなん、三つ菜など)をのせ、ホイルの上部を閉じる
4 フライパンにちょっと水を張って、蒸すように焼く
 
ルミさん ONE POINT ADVICE2
レンジでつくる場合は、ホイルではなく、お皿の上に直に置いてラップをかけてから温めるようにしましょう
 
 

■料理は初心者or苦手なパパ・ママに親も子どもも喜ぶ楽ちんメニュー

ryouri1_300.jpg

 
【楽ちんMENU 01 サツマイモのオレンジ煮】
1 サツマイモをよく洗い、切ってアクを取る
2 1を鍋に入れる
3 果汁100%のオレンジジュースをサツマイモが浸るくらいに入れる
4 落としブタをのせて煮るだけ
 
ルミさん ONE POINT ADVICE3
サツマイモが切れれば幼稚園児でもできるくらい簡単です(笑)。ひたひたにジュースを入れるところがポイント
 

ryouri4_300.jpg

 
【楽ちんMENU 02 サケの炊き込みご飯】
1 米の上に昆布をのせて浸水させる。夏は30分、冬は約1時間
2 ブツ切りにした鮭、細切りの野菜を加え、塩、醤油、みりんで味を整える
3 好みでひじきを入れる(ひじきはしっかり戻さなくてもOK)
4 スイッチポン!で完成
 
ルミさん ONE POINT ADVICE4
サツマイモを1センチ角のサイコロ状に切って米と一緒に入れて醤油、塩を入れて炊けばサツマイモご飯になります。黒ゴマも散らすとGOOD
 
 

■季節が変われば食欲も戻ってくる!? 夏バテと食欲の関係についてQ&A

Q. 夏に食欲をなくす人は多いですが、涼しくなると食欲は復活しますか?
 
A .新学期になってからも、子どもは平日、土日は勉強にサッカーに忙しいでしょう。食欲のない原因は、疲れにある場合も考えられます。その場合、生活スタイル自体を見直す必要があります。そのため、単純に暑いからといって喉ごしのいい麺類や冷たいアイスばかり食べていた子どもは、暑さが緩和すれば食欲が復活します。また、これらは血糖値を急上昇させるので、おかずも含む食事をとるようにしましょう。
 
 
Q.食欲がない時期が続くと、胃は小さくなるの?
 
A 内科医が病気の方の手術をする時に胃を見てみて分かったそうですが、手術前は食事量を減らしていても、それで急激に胃のサイズが小さくなる訳ではないようです。サイズというより、一度に食べられる量が少なくなります。それで胃が小さくなったような気がしますが、サイズ自体が小さくなることはありません。また、食べないと胃の中の消化吸収の効率が低下します。つまり、サイズではなく機能的に小さくなると考えられます。
 
 
Q.機能的に小さくなった胃を回復する食材は?
 
A 胃の膨張・収縮には時間がかかります。ただ、短時間で少し食欲が減退しただけなら、体調さえ回復すれば食べ物もすぐに食べられるようになるでしょう。旬のものは栄養価が高く価格がリーズナブルです。今の季節でいえば、サンマ、サケ、サバ。たんぱく質が豊富で筋肉の材料にもなります。成長期のお子さんなら骨の材料にもなりますし、体をつくるのでオススメです。
 
 
096_200.jpg
【監修】 こばた てるみ
公認スポーツ栄養士。
株式会社しょくスポーツ代表取締役。
日本初の公認スポーツ栄養士16名のうち1人。
Jリーグ「清水エスパルス」、Fリーグ「府中アスレティック」をはじめ、競泳オリンピックメダリストやプロ野球、箱根駅伝選手など数多くのサポートを手がける。家では子育てに奮闘するサカイク世代のお母さん。愛称はルミさん。
 
1
取材・文/石川守延 イラスト/斉藤正太 写真/DEXI・サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 季節の変わり目も元気に!秋にピッタリの栄養補給メニュー

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ