1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. ツネ様も知らない?"攻めの水分補給"でパフォーマンスアップ!

健康と食育

ツネ様も知らない?"攻めの水分補給"でパフォーマンスアップ!

2012年5月28日

キーワード:水分補給熱中症

miyamoto2.JPG
 
熱中症対策で定着しつつある、運動中の水分補給。ですが、この水分。摂取の仕方によってパフォーマンスが向上したり、低下したりすることもあるんですよ! そんな“攻めの水分補給”についてもっと知るために、スポーツボトルメーカーで知られるサーモス株式会社が開催した水分補給の啓発イベント『5-15℃PROJECT』に参加してきました。イベントには、元日本代表キャプテンの宮本恒靖さんも登場し、いろいろと教えてくれました。
 
 

■プレー中の水分は5℃~15℃に!

サーモス株式会社では、科学的実験によりスポーツパフォーマンス向上において、運動中に適しているとされる水温は5℃~15℃であることを突き止めたそうです。夏の暑い日、よく冷えた冷たいドリンクを飲ませてあげたい!と、スポーツボトルにたっぷり氷を入れてあげていませんか? もしかすると、ペットボトルに入れたドリンクをそのまま凍らせるという人も多いかもしれません。確かに冷たくて美味しいのですが、冷えすぎたドリンクはたっぷりと飲むことができません。そのため、プレイ中に失った水分を十分に補給することができず、体は水分不足のままになってしまいます。
 
「真夏の試合ではピッチサイドに置いてある給水用のボトルが熱くて、飲みにくかったこともありました」と宮本さん。冷たい水同様に、熱い水もたくさん飲むことはできません。さらに温かい水分は体が温まってしまい、汗となって排出される可能性が大きくなります。「チームによっては試合中に何度か、ピッチサイドのボトルを取り替えていました。水分温度の知識があったチームだったのかもしれませんね。僕のチームではボトルを変えることはなかったです(笑)。試合中の水分補給は大変でした。サイドの選手は頻繁に飲めますけど、センターの選手はなかなか…」とセンターバックだった宮本さんらしい発言です。
 
子どもたちの夏の試合では、給水タイムを取るようになっています。効率よく水分を取れるようにボトルの中身は5℃~15℃になるようにしておきましょう。
 
また宮本さんは現役時代、1試合で3kg体重が減ることもあったのだそうです。体重が減るのは、体の水分を失っているから。試合前後で体重を計るとどれだけ水分が減ってしまうかがわかります。一度チェックしてみて、どれくらいの水分補給が必要かも把握しておくのもいいでしょう。
 

【5℃~15℃の水分とは…】
1日冷蔵庫で冷やした水の温度がだいたい5℃。ですから、朝スポーツボトルにドリンクを用意する際には、氷を入れる必要はありません。スポーツボトルは魔法瓶でできていて、保冷性が抜群。5度の水をスポーツボトルに入れて、炎天下に8時間ボトルを出しておいても15度以下にキープできることが実験によって証明されているそうです。水分の温度管理にもスポーツボトルはオススメですよ。
 
最適温度5℃~15℃を証明した実験結果はこちら>>

 
miyamoto3.jpg
 

■1日を通じてこまめに水分を補給する

試合中はもちろん、日常生活でも水分不足にならないように気を使いましょう。宮本さんはオーストリア・レッドブル・ザルツブルク在籍中に「1日4リットルの水分を取るように」と言われたそうです。水分は水以外でも、糖分がなければ炭酸水でもOKだったので、積極的に水分は摂取していたそうです。特に水分を失いやすい夏場は、子どもたちにも、朝起きた時、食事の時、就寝前など、1日を通じて意識的に水分を取ることを習慣づけるといいでしょう。
 
また、日々の生活の中でトイレの回数が減ったり、尿の色が濃くなったり、夜中に喉が渇いたり、脚がつったりしたら水分不足を疑うサイン。水分が十分に取れているのか、日々の生活の中からチェックしましょう。「Jリーグのユースに加入した時に水分補給の大切さを教えられた」と宮本さん。以来、練習時はもちろん、食事などにも気を使うようになったそうです。
 
さらに「水分補給時には、ナトリウムを取るように心がけていた」とのこと。汗をかくと水分と同時にナトリウムが失われるので、プレー中はナトリウムが配合されたスポーツドリンクや、それを補うための補助食品などを使用するのもいいでしょう。スポーツドリンクは甘いと苦手意識を持つ子どももいますが、糖質はエネルギーを補給する効果もあります。それぞれ用途に応じて飲み分けしましょう。
 
宮本さんが、「水分補給の重要性は理解し実践していましたが、自分が選手時代には最適な水分温度などの専門知識はあまりありませんでした。代表チームでもやっていなかったのでは?もっと早くに知っておけばよかったですね」と話すように、こうした知識はトップ選手でもあまり知られてはいません。
 
「喉が乾いたら飲む」、「熱中症にならないために飲む」とついつい受身になりがちな水分補給ですが、この夏は“攻めの水分補給”にチャレンジしてみてはいかがですか?
 
 
協力:サーモス株式会社//
THERMOS 5-15℃PROJECT
水分補給マネジメント
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
選手のパフォーマンスをアップさせる最適な水分補給温度は?
 

■その他熱中症に関するまとめ

熱中症対策まとめ。熱中症対策は9月下旬まで! (2013年8月29日更新)
 
 
1
文/kilohana 前田陽子、写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(149件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. ツネ様も知らない?"攻めの水分補給"でパフォーマンスアップ!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  10. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日

一覧へ