1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 3カ月後に効果が!?夏から始める冬のための身体づくり

健康と食育

3カ月後に効果が!?夏から始める冬のための身体づくり

2011年7月26日

キーワード:夏休み栄養食事

■夏の食事が、11~12月にバテない身体の元になる

連日、暑い日が続いています。食欲もなくなりがちですが、子どもにはきちんと栄養を摂らせないと、夏バテになってしまう危険性が......。そこで、子どもを夏バテから守るためにどうしたらいいのかを、管理栄養士の今井愛先生に教えていただきました。

■夏野菜は紫外線から身体を守ってくれる救世主

日に焼けると身体がダルくなりますが、それも夏バテのひとつの原因。日焼けにより紫外線が肌に入り込み、活性酸素が発生します。それを押さえる働きをするのがビタミンACEなどとポリフェノール。

これらは濃い色の野菜に含まれるので、ナスやゴーヤなどの夏野菜を積極的に食べるようにしましょう。夏野菜は紫外線で作られた濃い色の野菜でポリフェノールがたっぷりなので、紫外線から私たちの体を守ることが出来ます。旬の野菜を食べるように心がけましょう。

加えて、キノコは必ず食べます。キノコ類は骨を作るのにとても大事な食品です。カルシウムが体に入って骨に吸着させる力のビタミンDが、キノコ類に多く含まれます。 男の子が14歳、女の子が12歳で骨密度が生涯で一番増す、この時期に骨密度を高めるために、果物、魚、大豆、キノコをたっぷりと食べましょう。

キノコはスープに入れるとダシにもなります。干ししいたけなら、ラップに包んで叩き割ってスープで煮込むと、早く戻って、旨みもたっぷり引き出せます。 ただし、夏の場合、キノコ類の中でもナメコをスープに入れ煮込むのはNG。スープにナメコを入れると一気にスープが傷むので、食べる直前に入れるなどして、保存はしないようにします。

■暖かいものと冷たいもののバランスを取る

夏バテにならないためには、ビタミンやミネラルが必要不可欠です。ミネラルは時間がたってもなくならないので、時間があるときにスープやカレーをたっぷりと作り、冷凍するなどして、分けて使うといいでしょう。

暑いからといって簡単な食事ばかりしていると、夏休みが終わるころに身体がダルくなってしまいますから、規則正しい生活を心がけましょう。朝、どうしても眠いのなら、朝ごはんの時間に食事をさせ、もう一度寝ても大丈夫です。大人に比べ子どもは活動量が多いので、朝日を浴びて食事を食べさせることをしましょう。

また、暑い時期なので、冷やし中華などの冷たい食べ物を食べることはOKですが、食事全てが冷たいものにならないように、暖かいスープを添えるなどの工夫をします。胃腸は体温と同じくらいの温度になって食材を溶かし始めます。冷たいものだけでは体の負担が大きくなるため、暖かいものと冷たいものをバランスよく食べるようにします。

1  2
取材・文/kilohana 前田陽子

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(149件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 3カ月後に効果が!?夏から始める冬のための身体づくり

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  3. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  4. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  5. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日

一覧へ