1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 3カ月後に効果が!?夏から始める冬のための身体づくり

健康と食育

2011年7月26日

3カ月後に効果が!?夏から始める冬のための身体づくり

キーワード:夏休み栄養食事

■果物は毎日摂りいれよう!

さらに、果物は毎食後、子どものこぶし程度の分量を食べましょう。骨の真ん中にある軟骨はたんぱく質と、ビタミンCからなるコラーゲンで出来ています。たんぱく質にあたる主菜とビタミンCを多く含む果物を食べることによって軟骨ができるので、骨が作られる子どもの時期には、毎食後必ず果物を食べましょう。

また、ウナギ、レバー(しっかりと火を通しましょう)、豚肉、練りゴマなどはビタミンB群が豊富なので、積極的に食べたい食材です。煮干、しらす干、ナッツ類、玉子などは、ミネラルが豊富なので、骨や血液を作る助けとなります。毎日の食事に加えるようにしましょう。

夏にしっかりと食べることができると、3カ月後に体が変わります。11~12月はサッカーの試合も多い時期。この時期に活躍できる体を作るために、夏休みにしっかりと栄養を摂りましょう。

11-07-24-imai.jpg

今井愛//

いまいあい
管理栄養士。神奈川県を中心に、神奈川県体育協会、横浜市体育協会、市町村等に、スポーツ栄養支援や食育活動を行っている。これまでに、平塚市のジュニアチームや横浜FCジュニアでの食育活動や、お父さん・お母さんのための食育講演、研修なども精力的に行っている。2人のお子様を持つ、お母さんでもある。

今井先生のWEBサイトはこちらから http://www.freestyle-sports.jp/specialist/imai.php

世界と戦うトップアスリートをサポートする『フリースタイルWEBサイト』はこちら

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文/kilohana 前田陽子

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(209件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 3カ月後に効果が!?夏から始める冬のための身体づくり