1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 三食しっかり食べて夏バテにならない体を作る!

健康と食育

三食しっかり食べて夏バテにならない体を作る!

2011年7月25日

キーワード:夏休み栄養水分補給食事

■三食きちんと食べることが基本

連日、暑い日が続いています。食欲もなくなりがちですが、子どもにはきちんと栄養を取らせないと、夏バテになってしまう危険性が......。そこで、子どもを夏バテから守るためにどうしたらいいのかを、管理栄養士の今井愛先生に教えていただきました。

■水分は野菜やお味噌汁、果物から摂りましょう

暑いからといって飲み物だけで済ませてはいけません。飲み物だけで満腹になり"食事が食べられない"とならないようにしましょう。水分補給では、糖分などを含むエネルギーのある飲み物は避け、水や麦茶にします。

また、水分は食事中に野菜の味噌汁や牛乳、果物からも積極的に摂るようにしましょう。子どもは毎日、体のあちらこちらの細胞が作り変えられていますが、糖分だけの飲み物を食事代わりにすると、主菜のたんぱく質やミネラル、ビタミン不足で細胞を作りかえることが出来ません。そうならないために、朝昼晩、三食きちんと主菜中心に食べることが大切です。

■お昼には、麺類のススメ

お肉、お魚、納豆、豆腐、卵といった主菜を毎食必ず取り入れること。ですが、(お母さん、お父さんが)毎食台所に立つのは大変なので、夏休みはある程度食事のパターンを決めてしまうといいですね。

例えば、朝は納豆ご飯と決めたら、夏休み中の朝食は毎朝、納豆ご飯にします。パンと玉子と決めたら同様に毎朝パンと玉子に。これなら親が忙しくても子どもだけでも食べられますよね。

昼は麺が便利です。冷やし中華、坦々麺などとさまざまな麺のバリエーションを考えます。夜は朝、昼に食べなかった主菜、例えば、朝納豆、昼に坦々麺なら、夜は魚をメインディッシュにします。

昼に麺にする利点は、お皿がひと皿で済むからです。ご飯と味噌汁にすると、洗い物が増えてしまうので、お母さんの仕事量を軽減する意味でも、お昼は麺がオススメです。 ただし、麺だからといって、具材のないそうめんだけはNGです。つゆに具材を入れたり、麺の上に具を載せるなどして、単食にならないようにしましょう。

■食事はコミュニケーションを学ぶ、絶好の機会

夏休み中は毎週1回、子どもが食事を作る日を設けましょう。料理を作る人の苦労、「ごちそうさま」の言葉の嬉しさ、食べることの大切さなどを学ぶことができます。

また、異世代の人と一緒に食事を取る機会を設けることも大切です。食事のマナーを覚えたり、年齢の違う人と食事をしたりすることで食事の進め方など、相手を思いやる気持ちが育まれます。食時の時間はコミュニケーションを学ぶ、絶好の機会です。

1  2
取材・文/kilohana 前田陽子

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(149件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 三食しっかり食べて夏バテにならない体を作る!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  6. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  7. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日

一覧へ