1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

健康と食育

【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

2010年12月 6日

キーワード:let'sショクイクフィジカル栄養食事

■試合3日前?当日、勝つための食事術

1111111111111111.jpg試合前夜、「勝つ!」とゲンを担ぐ意味で夕食のおかずをトンカツにしたことのあるご家庭も少なくないのでは?実はこれ、ネーミング的な意味合いだけでなく、勝つための食事として栄養的にも理にかなっているのです。

「サッカーのエネルギー源として重要なのはごはん、パン類などの糖質です。摂取すると体内でブドウ糖になり、そのままエネルギー源として使われるか、グリコーゲンという物質に変化して筋肉や肝臓に蓄えられます。栄養学的に見ると、サッカー選手のスタミナを支えているのがこのグリコーゲンの貯蔵量なのです。そのため、試合の3日ほど前からグリコーゲンを蓄えるための食事(グリコーゲンローディング)に切り替えるといいでしょう。肉や魚などの主菜を少し減らして、ごはんや麺などの糖類を多めに摂る食事です」と鎌倉女子大学の田地先生。

スタミナ維持に欠かせない糖質。でも、あるものが体内にないと糖質をエネルギーに代えることはできないんだとか。「エネルギーに代えるにはビタミンB1 が必要になります。そのため、試合前夜には糖質をたくさん摂るのと同時にビタミンB1を多く含む豚肉、にんにく、ねぎなどを食べるといいでしょう」。

そう、だからこそトンカツは試合にピッタリなのです。ただトンカツの場合、脂が多いため消化に時間がかかります。そのため、同じ豚料理でも「豚しゃぶ」の方がベターなのだそう。「軽くゆでることで余分な脂が落とされ、消化も良いからです。また、炭水化物とビタミンB1 を一緒に摂れるという意味では、ネギチャーシューラーメンなども最適でしょう」。

当日の朝の食事についてはどうでしょうか。「前日と同じく糖質+ビタミンB1の組み合わせがいいでしょう。タマゴサンドなどもいいですね。消化の時間を考えると、試合時間の2時間前に食べ終わっているのがベストです。朝食から試合開始時間まで時間が空きすぎてしまう場合は、朝食を軽く食べておいて、2時間半ほど前に栄養補給をするといいかもしれません」。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  2. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  3. ジュニアユースと学業の両立どうなんだ問題
    2016年12月 9日
  4. バディスポーツ幼稚園に学ぶ「子どもの"積極性"を育む」子育て7つのコツ
    2016年12月 2日
  5. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  6. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  7. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  8. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  9. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  10. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日

一覧へ