1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

健康と食育

【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

2010年12月 6日

キーワード:let'sショクイクフィジカル栄養食事

■試合3日前?当日、勝つための食事術

1111111111111111.jpg試合前夜、「勝つ!」とゲンを担ぐ意味で夕食のおかずをトンカツにしたことのあるご家庭も少なくないのでは?実はこれ、ネーミング的な意味合いだけでなく、勝つための食事として栄養的にも理にかなっているのです。

「サッカーのエネルギー源として重要なのはごはん、パン類などの糖質です。摂取すると体内でブドウ糖になり、そのままエネルギー源として使われるか、グリコーゲンという物質に変化して筋肉や肝臓に蓄えられます。栄養学的に見ると、サッカー選手のスタミナを支えているのがこのグリコーゲンの貯蔵量なのです。そのため、試合の3日ほど前からグリコーゲンを蓄えるための食事(グリコーゲンローディング)に切り替えるといいでしょう。肉や魚などの主菜を少し減らして、ごはんや麺などの糖類を多めに摂る食事です」と鎌倉女子大学の田地先生。

スタミナ維持に欠かせない糖質。でも、あるものが体内にないと糖質をエネルギーに代えることはできないんだとか。「エネルギーに代えるにはビタミンB1 が必要になります。そのため、試合前夜には糖質をたくさん摂るのと同時にビタミンB1を多く含む豚肉、にんにく、ねぎなどを食べるといいでしょう」。

そう、だからこそトンカツは試合にピッタリなのです。ただトンカツの場合、脂が多いため消化に時間がかかります。そのため、同じ豚料理でも「豚しゃぶ」の方がベターなのだそう。「軽くゆでることで余分な脂が落とされ、消化も良いからです。また、炭水化物とビタミンB1 を一緒に摂れるという意味では、ネギチャーシューラーメンなども最適でしょう」。

当日の朝の食事についてはどうでしょうか。「前日と同じく糖質+ビタミンB1の組み合わせがいいでしょう。タマゴサンドなどもいいですね。消化の時間を考えると、試合時間の2時間前に食べ終わっているのがベストです。朝食から試合開始時間まで時間が空きすぎてしまう場合は、朝食を軽く食べておいて、2時間半ほど前に栄養補給をするといいかもしれません」。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(151件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第3回】Let's ショクイク!-『トンカツで勝つ!? 試合に勝つための食事術』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  3. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  4. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  5. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  8. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日

一覧へ