1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 6月15日、日本代表のW杯初戦をリアルタイムで観よう

親子でチャレンジ

6月15日、日本代表のW杯初戦をリアルタイムで観よう

2014年5月29日

キーワード:ワールドカップ

6月15日、日曜日。この日付をめぐって、小さくとも小さくないスケジュール問題が起きています。日本にとってのブラジルW杯開幕戦。コートジボワール戦が同日10時にキックオフされるからです。
 
地球の裏側の一流の試合を一流の緊張感で。
(取材・文/川端暁彦)

 

■日曜10時キックオフは、少年サッカーの日常でもある

日本の10時は、地球の反対側に位置するブラジルでは夜の10時に当たります。このくらいのキックオフ時間で試合が組まれる例はないわけではないですが、稀少なのは確かです。今回のW杯で言えば、10時キックオフとなったのはこの日本とコートジボワールの一戦のみです。
 
なぜこうなったのかと言えば、それはもちろん日本側の要請によるもの。日曜朝10時と言えば、ある種のゴールデンタイムです。当然ながらそれぞれの家庭事情にもよりますが、日本の多くの家で家族そろってテレビの前に座ることが可能な時間帯と言えるでしょう。「みんなで楽しく観戦できる時間帯にW杯を」。そんな配慮があっての時間設定で、相当な高さの視聴率が期待されています。
 
ところが、サッカー関係者に限定して「視聴率」を測定することができたとすると、その数字はガクッと落ちてしまうかもしれません。サッカー関係者はサッカーが嫌いなのかと言えば、そうではありません。なぜかと言えば、その日が「日曜日」だからです。少年サッカーチーム、スエルテ・ジュニオルス横浜の久保田大介代表は「10時キックオフは少年サッカーでは一番“普通”の時間帯なんです」と苦笑を浮かべます。
 
少年に限らず日本の育成年代のサッカーは、基本的に月から金曜日が練習や休養に充てられて、土・日曜日に試合が組まれています。そうなのです。日曜日朝10時と言えば、まさに全国各地でボールが蹴られている時間帯。社会人リーグなどでも、日曜日に試合が組まれるのは当然のことで、それが午前中であることは珍しくありません。それはW杯開催期間中であっても、例外ではないのです。
 
「こうなることは半ば予想していました」。久保田代表はそう語りつつも、組み合わせの決定から半年の猶予があったことを思えば、それに配慮する動きも出てくるのではと期待していました。しかし、現実は非情で、多くの地域でこの日に公式戦が組み込まれてしまっています。全日本少年サッカー大会の予選であったり、地域のリーグ戦であったり、あるいはクラブチームが主催するミニ大会であったりが、「朝10時キックオフ」なんて日程で普通に組まれているのを目の当たりにすることになりました。
 
 

■W杯を雷雨と捉えれば、日程調整もやってやれないことではない!?

「僕のチームは地域の少年サッカー連盟に登録していません。他の人は心で思っていても、しがらみもあって、言えないことがある。だから僕みたいな立場の者が言わなければいけないと思ったんです」
 
久保田大介代表
スエルテ・ジュニオルス横浜の久保田大介代表
 
久保田代表は一念発起して自身のブログにて呼び掛けることにしました。「6月15日に大会とか試合とか練習とか入れようとしちゃってる人達へ」という、ちょっと刺激的なタイトルで発表された文章は、ネット上で少なからぬムーブメントを生み出しました。当然ながら、異論・反論もあります。何しろ、すでに決まっている日程を動かすということは、日本の社会構造において困難なものです。
 
「それは分かるんです。僕も協会の仕事で試合の日程をパッチワークのように当てはめる作業をしていたこともありますから。あれは本当に大変ですよ。都心部について言えば、グラウンドの確保も本当にしんどい作業なんです」
 
幸野健一氏
COACH UNITEDでもおなじみ、サッカーコンサルタントの幸野健一氏
 
そうした反発に対して一定の理解を示したのは、サッカーコンサルタントの幸野健一さんです。ただ幸野さんは同時に「でも、やってやれない作業ではないんです。たとえば雷雨が来て6月15日の朝10時にキックオフできなければ、どうしますか? その日程はどこかで消化することになるでしょう。実際のところ、『本当にできない』なんて例はまずないんです」。実際、この話が表面化してから日程を動かす例が次々と出てきました。たとえば京都府では、全日本少年サッカー大会県予選の準決勝というビッグイベントが予定されていたものの、キックオフ時間を「14時」に動かして対応することにしています。
 
 
1  2
取材・文/川端暁彦 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 6月15日、日本代表のW杯初戦をリアルタイムで観よう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  5. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  10. 福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
    2017年3月17日

一覧へ