1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. ジャポネス・ガランチード―日系ブラジル人、王国での闘い

本・書籍

ジャポネス・ガランチード―日系ブラジル人、王国での闘い

2013年11月15日

キーワード:新刊

EXcover+obi_03.JPG

 
<内容>
セルジオ越後、ネルソン吉村、ジョージ与那城。
彼らを代表とした日系人選手のほかにも、サッカー王国・ブラジルで『サッカーがヘタ』な日系人(日本人)=ジャポネスとして偏見の目で見られながらも、自身が持つ技術を武器にして、王国で立派に闘ってきた日系ブラジル人たちが数多くいた。
 
ブラジルでは誠実な日系移民の代名詞として「ジャポネス・ガランチード(保証付きの日本人)」なる言葉が言われてきたが、サッカーにおいての“ジャポネス”は「サッカーがヘタな日本人」に対する偏見や皮肉を表すスラングでもあった。それに対して数々の日系人やブラジルに渡ったカズらが、偏見を払拭すべく奮闘してきた。
 
著者が2002年からのブラジル滞在中に取材し、蓄積した日系人(日本人)とブラジルサッカーの物語をまとめた珠玉の一冊。来るべき2014年ブラジルW杯を前に読んでおくべきものである。
 
<コンテンツ>
第1章 偏見と闘いながら檜舞台を夢見る男たち
第2章 日本人移民が作ったジャポンFCとミカド運動倶楽部
第3章 日系ブラジル人選手、王国での闘い
第4章 日系二世の限界と南米各国の日系人事情
第5章 セレソンへの夢、再び
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. ジャポネス・ガランチード―日系ブラジル人、王国での闘い

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ