1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. プレー中の余計な力が抜ける!服を着ながらリフティング

練習メニュー

プレー中の余計な力が抜ける!服を着ながらリフティング

2016年6月 1日

キーワード:いやでもうまくなるトレーニングメソッドリフティング村松尚登

【村松尚登のいやでもうまくなるトレーニングメソッド2】
 
 
余計な力、つまり特定のどこかに力が入りすぎてしまうと、体の構造上、その次に動かせる筋肉が限られてしまいます。たとえば「ボールを前に押し出す」コントロールを行う際に、右足に力が入りすぎてしまうと、スムーズな動きで連続して左足を出すことができません。理想的には、ひとつの動きに使う筋肉を最小限に抑え「次、次、次」と連動して体を動かせるようになりたいところです。イニエスタやネイマールはよく、左右両足で瞬時に連続してボールに触る「ダブルタッチ」を駆使して相手をかわします。この動きも最初のタッチに「力み」がないからこそ、スムーズな連動でもう一方の足でイメージどおりのコントロールができるわけです。
 
そこで今回は、余計な力を入れずにプレーできるようになるトレーニングのひとつ『脱力リフティング』をご紹介します。(コンテンツ提供:株式会社講談社)
 
※本稿は、『サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド』(著者・村松尚登、講談社/刊)の一部を転載したものです。
 

■服を着ながらリフティング

「服を着ながらリフティング」右足イン・ワンバウンド・アウト・ワンバウンド
 
「服を着ながらリフティング」左足イン・ワンバウンド・アウト・ワンバウンド
 
「服を着ながらリフティング」左足イン・アウト・ワンバウンド
 
「服を着ながらリフティング」ノーバウンド
 

■まずはワンバウンドでビブスを着ることからはじめてみよう

服を脱いだり着たりしながらリフティングをするパフォーマンスは、“プロの技”としてイベント会場などで目にすることがあります。じつはこれ、トレーニングとしてもとても効果的です。
 
服を脱いだり着たりするためには“脱力”しなければならず、相反する筋収縮を繰り返すリフティングと同時に行うのは簡単ではありません。これができたら、リフティングの最上級者です。
 
jyotatsu_no_kagaku_01.jpg
 
とても難しいテクニックですので、まずはビブスを着ることから始めてみてください。最初はもちろん、ワンバウンドのリフティングでオーケー。少しずつハードルを高くしながら、「ノーバウンドのリフティングをしながら服を着る/脱ぐ」ができるまでチャレンジしてみましょう。きっと仲間たちと、ワイワイ楽しみながらできるはずです。
 
 
村松尚登さんの新刊『サッカー上達の科学』の出版を記念して、村松さんと、『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』(KKロングセラーズ)の著者でフットボールスタイリストの鬼木祐輔さんのトークイベントを行います。詳しくはこちら>>
 
1
コンテンツ提供:株式会社講談社

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. プレー中の余計な力が抜ける!服を着ながらリフティング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ