1. サカイク
  2. トピックス&ニュース
  3. <セノバス+イベントレポート>Jリーガーとスポーツ栄養士が語る「成長期の体づくりに必要なこと」とは?

トピックス&ニュース

<セノバス+イベントレポート>Jリーガーとスポーツ栄養士が語る「成長期の体づくりに必要なこと」とは?

公開:2021年7月16日

キーワード:サプリ成長期栄養

サッカーを頑張るお子さん、サポートする保護者にとって、重大な関心事である「成長期の体づくり」。どんなものを、どのタイミングで、どのぐらい食べればいいの? など、知りたい事柄はたくさんあるようです。

そこで今回は『成長スパート期を支えるサプリ飲料 セノバス+』のサポートのもと、FC町田ゼルビアで活躍する長谷川アーリアジャスール選手とスポーツ栄養士の吉村俊亮さんによるスペシャルイベントが7月4日にオンラインで開催されました。その様子をお届けします!

9f9bba384506ae1bb2ca9e5c5c9c8379ea2c1522-thumb-250xauto-30038.jpg

■長谷川 アーリアジャスール(FC町田ゼルビア所属)
小学4年からサッカーを始め、レアル・サラゴサ(スペイン)など複数のチームを経て、2021年FC町田ゼルビアに加入。プライベートでは二児の父。

7e7222e2f272401f47cba0e622443429bfae63af-thumb-250xauto-30040.png

■吉村 俊亮(株式会社AND-U代表取締役 / スポーツ栄養士)
株式会社AND-U代表取締役。管理栄養士、NSCA-CPT、フードスペシャリスト、サプリメントアドバイザー、AHA-BLS-HCP。2012年より栄養指導を開始、世界で活躍する多くのトップアスリートをサポートしている。

■成長に必要な4つの要素

イベントは吉村さんの栄養セミナーからスタート。成長期のお子さんには、適度な運動、栄養、睡眠、心の安定の4つが重要なこと。「大人と違い、子どもは発育発達のため、プラスアルファの栄養が必要」といった話がありました。

スクリーンショット 2021-07-09 183349.png

また「成長特性」についても言及し、成長のスピードについては、次のように説明します。

「小学6年生、12歳の男の子の平均身長が149.9センチ、女の子が151.1センチです。成長には個人差があります。オーバーワークにならないように運動の量を考えながら、食事、睡眠、心の安定を保っていると、遺伝子的に本来伸びるべき身長まで、問題なく伸びていくと考えられています」

スクリーンショット 2021-07-15 205209.png

食事については、「サッカーをする小学校高学年から中学生の場合、1日3,000キロカロリー程度が必要です」と話します。1日3食に換算すると、1回の食事で1,000キロカロリーの計算です。

「朝食であれば、2パックの納豆、どんぶり1杯のご飯(260g)、卵1個、コップ1杯(200cc)の牛乳、オレンジジュースで1,000キロカロリーです。このメニューは炭水化物、タンパク質、脂質、カルシムなどが理想的なバランスで含まれています。火を使わずに調理できるので、保護者の方が忙しくても、お子さんだけで準備することができます」

スクリーンショット 2021-07-09 190816.png

朝昼晩で3,000キロカロリーをとるのが難しい場合は、補食としてエネルギーをプラスする方法もあります。

「補食をとることで、空腹時に運動をすることで行われる、筋肉の分解も防ぐことができます。運動前は脂質が少なく、糖質を中心としたものをとりましょう。おにぎりやバナナ、オレンジジュース、ゼリー飲料などがおすすめです」

練習後はなるべく早く、糖質とタンパク質が含まれたものをとると、疲労回復や体作りに良いそうです。吉村さんがサポートしているチームは、練習が終わり、補食をとってからストレッチなどのクールダウンをしているといいます。

■牛乳を飲み、ナッツを食べていた少年時代

吉村さんの第1部が終わり、2部は長谷川アーリアジャスール選手への質問コーナーです。ここでは、「小学生の頃には、どんな練習をしていましたか?」「背を伸ばすためにしていたことは?」「塾帰り(22時過ぎ)の夜食は何を食べればいい?」といった質問が寄せられました。

スクリーンショット 2021-07-09 183744.png

アーリア選手は「小学生時代は朝早く起きて、近くの公園に行き、ドリブルの練習や壁当てをしていました」と話し、「背を伸ばすためには、牛乳を飲むこととナッツを食べていました。くるみやアーモンドもよく食べていましたね。いまでも間食でナッツやレーズンを食べるようにしています」と話します。

栄養士の吉村さんは「ナッツには抗酸化作用がありますし、お肉ばかり食べると血液が濁って酸素の運搬が悪くなるのですが、ナッツに含まれる油が血液をサラサラにしてくれます。その結果、酸素の運搬能力が上がるので、持久力アップも期待できます」と説明します。

スクリーンショット 2021-07-14 115141.png

アーリア選手は夜食に関しては「プロになって食事に興味を持つようになり、栄養士に相談したり、いろんなことを試してきました。遅い時間に食べすぎると体重が増えるので、ヨーグルトとはちみつとバナナなど、消化の良いものを食べるようにしていました。腹持ちをよくしたいときは、お餅も食べています」と実体験を交えて話します。

■食事でとれない栄養素をサプリメントで補うのもひとつ

また、サプリメントの必要性に関して聞かれると「食事で必要な栄養をとるのが大前提ですが、食事でとりきれない栄養素もあるので、それを補う意味でサプリメントは必要だと思います」とコメントすると、栄養士の吉村さんも「まったくそのとおりで、食事でとれない栄養素をサプリメントで補うのが理想です」と同調していました。

スクリーンショット 2021-07-09 183504.png

セノバス+の佐藤さんは「保護者の方は食事の準備など、大変なこともあるので、そこをサプリメントでサポートできたらと思っています。セノバス+は安全性、信頼性にもこだわって作っていますので、信頼できる商品として選んでいただければと思っています」と話してくれました。

質問が採用された人には、アーリア選手のサイン入りセノバス+が送られるなどサプライズもあり、イベントはあっという間に終了。

アーリア選手は「食事に関して、子どもは何をチョイスすればわからないと思います。それを教えてあげられるのは親御さんです。今回のイベントが、子どもの成長に何がいいのか、考えるきっかけになればいいなと思います」と保護者の方にメッセージを送り、子どもたちには「プロサッカー選手になるためには、たくさん練習することも大事ですが、同じぐらい食事や睡眠も大切。いろいろ情報がある中で、良いものを選び、自分に合ったものをとり入れてくれたらなと思います」とアドバイスをしてくれました。

参加者のみなさんに感想をうかがうと「アーリア選手の実生活、子ども時代のことなど参考になりました」「成長期の子どもに必要なカロリーや献立への簡単な追加方法など、ためになる話が聞けました」「クラスで背が低い方なので、大きくなるか心配していたのですが、これからだと希望が持てました」など、大満足の様子でした。

サッカーがうまくなる、成長のヒントがたくさん詰まったこのイベント。参加者の皆さんの今後の成長、そしてサッカーでの活躍に期待大です!


 

■スポーツキッズを持つママ達の声から生まれた、実感力にこだわる成長サポートサプリメント「セノバス+」

セノバス+はスポーツを頑張るお子様の成長とカラダづくりに必要な栄養素を追求し開発された本格成長サポートサプリメント。伸びるチカラにアプローチするL-アルギニンの他、運動する体をサポートするアミノ酸を17種類合計5,000mg配合。カルシウム・ビタミン・乳酸菌など、毎日の健康管理に重要な栄養素もしっかり含まれています。

「伸びるチカラ」に徹底した処方による"効率性"に加え、お子様が喜んで飲みたくなる美味しさと手軽さによる"継続性"で実感力にこだわり、スポーツを頑張るお子様を全力で応援します。国内生産&GMP認定済工場での安心安全製造。

とてもお得な初回トライアル500円特別キャンペーンを実施中です。

公式サイト>>

sakaiku_image-thumb-600xauto-27969.png

1

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

人気サカイク主催イベントや
お得なサンプリング情報を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

トピックス&ニュースコンテンツ一覧へ(7811件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス&ニュース
  3. <セノバス+イベントレポート>Jリーガーとスポーツ栄養士が語る「成長期の体づくりに必要なこと」とは?