1. トップ
  2. トピックス
  3. 日本サッカー協会がコンフェデレーションズカップで活動する12歳のサッカー選手とジャーナリストを募集中

トピックス

2017年3月24日

日本サッカー協会がコンフェデレーションズカップで活動する12歳のサッカー選手とジャーナリストを募集中

キーワード:JFAジャーナリスト国際プログラム異文化交流

公益財団法人日本サッカー協会が、6月にロシアで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップで活動する12歳のサッカー選手とジャーナリストを募集します。
 
JFA_NEWS01.jpg
 
国際サッカー連盟(FIFA)と2018年のFIFAワールド杯オフィシャルパートナーであるガスプロム社が実施概要を発表した、少年たちの国際的懇親プログラム(FOOTBALL FOR FRIENDSHIP)で、世界の64の国と地域から子どもたちが集い、サッカーの試合やジャーナリスト活動を通じて他国や異文化への理解を深め、友情や公平さ、誇りなどを共有します。
 
今回の「FOOTBALL FOR FRIENDSHIP 2017」では、サッカー選手はトレーニングやグループ同士で試合などを行い、ジャーナリストは取材方法やレポートの書き方の研修を受けて実際に試合の取材を行います。応募条件は、男女問わず応募時に12歳で、英語が不自由なく話せることなど。
 
国際大会でのサッカーでの交流や取材経験は子どもにとっても貴重な体験となるはずです。
詳細や応募方法は日本サッカー協会の公式サイトよりご確認ください。
 
<プログラム概要>
募集プログラム:サッカー選手1名(※ポジションはDF)、ジャーナリスト1名
開催期間:2017年6月26日(月)~7月3日(月)
募集期間:2017年3月22日(水)~4月3日(月)
応募条件:参加申込時に12歳であること、不自由なく英語が話せること(ジャーナリスト希望の場合は書くこともできること)
 
詳しい応募条件・お申し込みはこちら>>
 
□問い合わせ先
公益財団法人 日本サッカー協会 グラスルーツ推進部
TEL:03-3830-1826
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7343件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 日本サッカー協会がコンフェデレーションズカップで活動する12歳のサッカー選手とジャーナリストを募集中