1. トップ
  2. トピックス
  3. 駒澤大高-松山工[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

2016年1月 4日

駒澤大高-松山工[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)12:05キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/試合時間80分
駒澤大高 2(0-0、2-1)1 松山工
 
得点者
佐藤瑶大/駒澤大高(後半11分)
菊地友介/駒澤大高(後半28分)
志摩奎人/松山工(後半3分)
 
取材・文 川端暁彦
 
 
後半開始早々の3分に松山工はFW⑩野川稀生が左サイドから入れたFKに、ニアサイドで1年生DF23志摩奎人が合わせて先制点を奪う。だが、その後11分に駒澤大高も、同じ左サイドからのFKをファーサイドでDF③佐藤瑶大がジャンプヘッドで完璧に競り勝ち、同点ゴール。試合を振り出しに戻した。そして28分、交代出場のMF⑦菊地雄介が左足シュートを蹴りこんで、勝ち越し。終盤、松山工も激しい攻勢を見せたが及ばず、駒澤大高が初の8強進出を決めた。
 

■ベスト8進出を後押ししたマルチポジションシステム

松山工と駒澤大高。初めての8強を目指す両雄の激突で、序盤の主導権を握っていたのは間違いなく松山工だった。負傷者の影響で右サイドのメンバーが入れ替わっていることを見て取った松山工・坂本哲也監督は「ウイークポイントになるのならば徹底して行こう」と、相手の右翼にターゲッティング。立ち上がりから激しくプレッシャーを掛けつつ、左サイドに攻め寄せて相手を押しこんだ。
 
駒澤大高MF⑯春川龍哉は「相手はガンガン来るし、しかもうまいし、ボール取れないし、本当に自分たちのサッカーができなかった。あの時間帯は本当にキツかった」と振り返る。ただ、逆にいえば、ここが勝負どころだった。この大会、予選から勝負師としてのすごみを見せている駒澤大高・大野祥司監督は、すかさず右SBで初先発となっていた⑭安元奨とボランチの⑯春川を入れ替えるように下知。「ビビってしまっていた」(大野監督)⑭安元に代わって、CBもこなしてタフに戦うことに定評のある⑯春川を右に置くことで見事に安定を図った。窮余の策だが、しかしこれも選手全員にさまざまなポジションを経験させてきたからこそ打てる手。「あらゆることを想定して、選手にはいろいろやらせてきた」(大野監督)成果である。
 
駒澤のマルチポジションシステムは10番キャプテンの深見侑生にも色濃く適用されている。今大会はすべてFWとして先発し、試合中に右SBに移るという流れだ。そもそも「GK以外は全ポジションやったことがある」(⑩深見)というスーパーマルチプレーヤーなのだが、この日も同点ゴールを奪うと、すかさず⑩深見を右SBに。「センスがあって、攻守で落ち着く」(大野監督)彼をDFラインに入れることで、DF②高橋勇夢の負傷欠場に伴う「右の穴」は完全にふさがった。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 川端暁彦

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7487件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 駒澤大高-松山工[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]