1. サカイク
  2. トピックス
  3. 星稜-明徳義塾[第94回全国高校サッカー選手権準々決勝]

トピックス

星稜-明徳義塾[第94回全国高校サッカー選手権準々決勝]

2016年1月 6日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月5日(火)14:10キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/観客8,093人/試合時間80分
星稜 3(2-0、1-0)0 明徳義塾
 
得点者
阿部雅志/星稜(前半28分、後半14分)
大倉尚勲/星稜(前半40分)
 
取材・文 松尾祐希
 
 
序盤から明徳義塾は恐れることなく、星稜へと立ち向かった。⑥禹滉允を軸に中盤でボールを動かし、試合の主導権を掌握。最後の局面で星稜守備陣を崩し切れなかったが、押し気味に試合を進める。しかし、前半28分に③濵口俊介がペナルティーエリア内で⑨根来悠太を倒し、退場処分になると様相は一変。このPKを⑦阿部雅史に確実に決めると、同40分には⑫大倉尚勲が加点。「一発レッドで退場したことがいちばん大きかった」(明徳義塾・小松晃監督)。後半にも1点を追加した星稜が相手の綻びを見逃さず、4年連続でベスト4に進出を果たした。
 

■数的不利な状況に混乱した明徳義塾。3点の差は経験値にあり

明徳義塾は自らのストロングポイントを発揮し、素晴らしい試合の入りを見せていた。4-1-4-1のアンカーに入る⑥禹滉允が左右にボールを散らし、2列目の4人が相手の背後を狙う。「選手たちには星稜に比べて、君たちのプレッシャーはないはず。だから80分間楽しんでこい」と小松晃監督に送りだされた選手たちは、前回王者・星稜に対して臆することは一切なかった。むしろ、動きに硬さが見られたのは星稜の選手で、些細なミスを繰り返していた印象である。
 
しかし、いい時間帯が80分間続くわけではない。悪い時間帯をいかに凌ぐかが明徳義塾のポイントだった。その中で前半28分にCBを務める③濵口俊介が⑨根来悠太を倒し、PKを与えた上に一発退場となった場面。直後のPKを決められ、数的不利な状況に選手たちは混乱した。「③濱口が欠けたときにどうするかを決められていなかったが大きかった」と⑤西森剛が話すように、失点直後から10人で戦う配置が定まらない。3分後に②近藤大地を投入し、4-4-1で戦う構えとなったが、動揺を隠せないチームは前半終了間際に再び失点。後半も反撃の糸口を見出せず、明徳義塾の快進撃は終わりを告げた。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 松尾祐希

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 星稜-明徳義塾[第94回全国高校サッカー選手権準々決勝]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  2. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ