1. サカイク
  2. トピックス
  3. 國學院久我山-青森山田[第94回全国高校サッカー選手権準決勝

トピックス

國學院久我山-青森山田[第94回全国高校サッカー選手権準決勝

2016年1月11日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月9日(土)14:20キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2002/観客数25,073人/試合時間90分
國學院久我山2(1-1、1-0)1青森山田
 
得点者
鳴海彰人/青森山田(前半17分)
野村京平/國學院久我山(前半25分)
戸田桂佑/國學院久我山(後半45+3分)
 
取材・文 鈴木智之
 
先制点は前半17分。今大会、猛威を振るった⑤原山海里のロングスローが起点となり、③常田克人が頭で反らせたボールを⑰鳴海彰人がヘディングで押しこみ、青森山田が先制する。しかし、その後は久我山が⑨小林和樹、⑩澁谷雅也、⑭名倉巧を起点にパスをつないで攻めあがり、青森山田ゴールに襲いかかる。そして25分、名倉のクロスに反応した②野村京平が強烈なヘディングシュートを突き刺し、久我山が同点に追いつく。後半に入ると青森山田のエース、⑩神谷優太が積極的に突破を仕掛け、再三強烈なシュートを放つが、久我山の1年生守護神・①平田周を軸に凌ぐと、後半アディショナルタイムに途中出場の⑬戸田佳佑が勝ち越しゴールを決め、久我山が勝利。初の決勝進出を果たした。
 

■小柄な2年生コンビが強力ツインタワーを攻略!

サッカーに体の大きさは関係ない。それを証明したのが、國學院久我山の2年生コンビだった。ワントップを務める⑩澁谷雅也は163センチ、トップ下で攻撃をリードする⑭名倉巧は167センチと小柄な部類に入る。対する青森山田のセンターバック、ベガルタ仙台加入内定の③常田克人は189センチ、④近藤瑛佑は190センチあり、大会屈指の大型コンビである。
 
青森山田の“ツインタワー”をどう攻略するか。トップ下の名倉は「相手はプロ内定選手(③常田)もいて、身長も高い。自分と(⑩澁谷)雅也は背が高くないので、足元の技術で相手を翻弄しようと思っていた」と語る。そのイメージの源はバルセロナだ。「メッシも背が高くないけど、大きい選手に負けていない。そういうイメージで、デカイ相手を技術で上回れれば、必ず抜けると思っていた」(⑭名倉)
 
久我山の同点ゴールは名倉の閃きから生まれる。1点ビハインドで迎えた、前半25分。⑭名倉が左サイドをドリブルで突破し、ゴール前にシュート性のクロスを送る。そこにいたのはDF②野村京平。強烈な弾道のボールを頭で合わせ、久我山が同点に追いついた。ボディーバランスに優れ、正確で強いキックでチャンスを作る姿は、名倉が「あこがれ」と語るイニエスタのようだった。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 國學院久我山-青森山田[第94回全国高校サッカー選手権準決勝

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ