1. サカイク
  2. トピックス
  3. 明徳義塾-正智深谷[第94回全国高校サッカー選手権2回戦]

トピックス

明徳義塾-正智深谷[第94回全国高校サッカー選手権2回戦]

2016年1月 3日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月2日(土)12:05キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/試合時間80分
明徳義塾 1(1-0、0-0)0 正智深谷
 
得点者
岡崎郁矢/明徳義塾(前半10分)
 
取材・文 森田将義
 

■立ちふさがった明徳義塾のセンターバックコンビ

互いに序盤からリズムをつかめないまま試合が進む中、均衡が崩れたのは前半10分だった。センターサークル付近でボールを持った④舛田凱が大きく右へ展開。ペナルティーエリア右外で受けた⑭岡崎郁矢がトラップで相手DFをかわすと、左足で振りぬいた一撃がゴール右隅に決まり、明徳義塾が先制した。
 
対する正智深谷は「立ち上がりの失点が痛かった」(小島時和監督)。得点への焦りから、持ち味であるパスワークが鳴りを潜め、ロングボール主体の戦いに。奪ってから素早く相手DFの裏を狙い、⑦新井晴樹を走らせたが、⑩小島遥が「センターバック2枚が強かった」と口にしたように、④舛田と③濵口俊介による明徳義塾のセンターバックコンビを崩せず。次の手として選んだ⑨鈴木涼太と⑮玉城裕大によるサイド攻撃もフィニッシュの場面を封じられ、決定機まで持ちこめない。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 森田将義

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 明徳義塾-正智深谷[第94回全国高校サッカー選手権2回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ