1. サカイク
  2. トピックス
  3. 松本 「こどもたちに笑顔を!人権スペシャルマッチ」開催

トピックス

松本 「こどもたちに笑顔を!人権スペシャルマッチ」開催

2014年5月30日

キーワード:松本山雅FCJリーグ

 松本山雅FCが、6月14日(土)に「こどもたちに笑顔を!人権スペシャルマッチ」として、J2 第18節 松本山雅FC vs ギラヴァンツ北九州戦を開催する。
(この取組みは、しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)の施策の総合的展開「2-2協働、人権尊重、男女共同参画社会の実現」に基づくものである)
 
【マッチタイトル】
「こどもたちに笑顔を!人権スペシャルマッチ」
Jリーグディビジョン2 第18節 松本山雅FC vs ギラヴァンツ北九州
 
【日時】
平成26年6月14日(土)19:00キックオフ
 
【場所】
アルウィン(松本平広域公園総合球技場)
 
【内容】
(1)啓発活動
・松本山雅FC選手等による入場ゲートでの啓発活動(人権オリジナルメモ帳を先着1万名に配布、啓発チラシの配布)
・子どもの人権に関するアンケート実施
・松本山雅FC選手、監督による人権メッセージパネルの展示
・人権イメージキャラクター 人KENまもる君・人KENあゆみちゃんによるPR
(2)ピッチ内セレモニー
 ・一日人権擁護委員の委嘱(長野地方法務局松本支局長からオフィシャルマスコット「ガンズくん」へ委嘱)
・特別支援学校生徒によるエスコートキッズ入場
・特別支援学校生徒等による人権フラッグピッチ1周
・選手、監督メッセージムービーの大型ビジョン上映
 
【主催】
長野県人権啓発活動ネットワーク協議会(※1)、松本山雅FC
※1  長野県内において人権啓発活動を行っている機関が連携・協力して、様々な人権啓発活動を総合的かつ効果的に行うことを目的に設立されたネットワーク。(長野地方法務局、長野県人権擁護委員連合会、長野県、長野県教育委員会などで構成)
 
【協力】
「いじめNO!県民ネットワークながの」(※2)
※2 いじめを見逃さない、いじめを生み出さない社会づくりにつながる持続可能な活動を目指し、民間の子ども支援活動が中心となって、県並びに市町村との連携を図りながら、子どもたちも参画できるきめ細かい支援活動を、裾野の広い県民運動として推進するネットワーク
 
【参考】
 「人権擁護委員の日」の街頭啓発活動に合わせ、当人権スペシャルマッチの事前告知等を、長野地方法務局松本支局と松本山雅FCが連携して6月2日(月)にJR松本駅前で実施。
(1)日時 平成26年6月2日(月)8:00~8:45
(2)場所 JR松本駅前(お城口)
(3)内容  一日人権擁護委員の委嘱(長野県人権大使 松本山雅FC 柿本 倫明アンバサダー)など
 
その他、詳細については、以下を参照のこと。
「こどもたちに笑顔を!人権スペシャルマッチ」松本山雅FC vsギラヴァンツ北九州を開催します
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 松本 「こどもたちに笑顔を!人権スペシャルマッチ」開催

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ