1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「Jリーグ参入」を視野にFC市川GUNNERSと市川サッカークラブが業務提携締結を発表

トピックス

「Jリーグ参入」を視野にFC市川GUNNERSと市川サッカークラブが業務提携締結を発表

公開:2020年2月19日

キーワード:FC市川GUNNERS市川サッカークラブ幸野健一河内勇太JリーガーJリーグ

FC市川GUNNERSは、千葉県社会人サッカー2部リーグに所属する市川サッカークラブ(市川SC)とこのほど業務提携を行い、FC市川GUNNERSの幸野健一代表が市川SCのGMに、元Jリーガーの河内勇太氏が選手兼任監督に就任したことを発表いたしました。

GunnersIchikawa.jpg
写真右が河内選手兼監督、右から2人目が幸野GM

 

2月18日に市川市内で行った記者会見によると、提携内容はJリーグ参入を目指した人的、物的支援で、以下の決定が明かされたほか、組織運営の多面的協力のために、相互に法人組織へそれぞれの理事が就任することが明らかになりました。

1.FC市川GUNNERSは市川SCの練習、試合場所としてグランドを提供
2.幸野健一代表がGMに就任
3.クラブ登録をして、選手の相互交流と一体化を図っていく

あわせて将来、市川市を代表するJクラブとなることで、市川市の市民の皆さんに夢を持っていただき、明るく元気で活気あるまちづくりに貢献したいとの考えや生涯スポーツとして市民の皆さんがスポーツする場所としても貢献していきたいという展望も語られました。

市川市を代表するJクラブへ。この新しい挑戦に関係者の期待も伺える会見となりました。

Generalmanager_kono.jpg
幸野健一GMコメント
「FC市川GUNNERSは占有の人工芝フルピッチのグランドを持ち、6年目を迎えた今、下は幼稚園から上は高校生まで400人近くが在籍する総合型クラブとして大きく成長してきました。そしてショートケーキの最後のいちごを乗せるべくトップチームを設立しようとしているところに、伝統あるクラブの市川SCと出会い、一緒にJクラブへの道を歩んで行くことになりました。しっかりとした土台を持っているので、焦って昇格を目指すことはしません。しっかりと地に足つけながらこの難しいミッションに挑戦することにワクワクしています」

FC市川GUNNERS概要
千葉県市川市に2014年4月、イギリスのアーセナルFCの公式のサッカースクールとして創設。また、専有の人工芝フルピッチのグランドをホームとして、4歳から6歳まではスクール、7歳から12歳まではスクール及びチーム、13歳から15歳の中学生年代は男女別のチーム、16歳から18歳の高校生年代は男子のチームを保有し、350人近くの選手が活動している。2019年4月よりFC市川GUNNERSに名称変更。

市川サッカークラブ概要
千葉県市川市に1962年創設。これまでの58年の歴史の中で、千葉県社会人サッカーリーグ1部で5回の優勝を誇る市川市を代表する社会人サッカーチーム。来季は千葉県社会人2部リーグ所属となっている。

 こちらもチェック 
▼幸野さんに聞く、新しい時代に求められるサッカークラブの作り方(無料セミナー)
指導者間のネットワークづくりの時間も用意しています
詳細・参加申し込みはこちら>>


▼関連記事
「勝てば選手が集まる時代は終わった」クラブを運営する指導者が抱える本当の悩みとは?
1番多い悩みは......>>

1
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7701件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「Jリーグ参入」を視野にFC市川GUNNERSと市川サッカークラブが業務提携締結を発表