1. トップ
  2. トピックス
  3. ドイツ勢同士対決を制したのはバイエルン(欧州CL)

トピックス

2013年5月26日

ドイツ勢同士対決を制したのはバイエルン(欧州CL)

キーワード:ドイツ海外サッカー

欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝戦が現地時間25日、イングランドのウェンブリースタジアムで行われ、ドイツのバイエルン・ミュンヘンがボルシア・ドルトムントを2-1で破り、12年ぶり5回目の欧州王者に輝いた。
 
序盤から攻守の入れ替えが早く、両チームがめまぐるしくチャンスを作る。だが数多く訪れたチャンスは両ゴールキーパーがことごとく防ぎ、非常にスリリングな展開ながらも前半をスコアレスで折り返す。
 
試合が動いたのは60分。これまで前線でたびたび脅威となっていたFWロッベンが左サイドを抜け出し、折り返したボールをFWマンジュキッチが決めてバイエルンが先制する。だがドルトムントも反撃。68分、MFロイスがペナルティエリア内でDFダンテのタックルをくらいPKを獲得、これをギュンドアンが決めて振り出しに戻す。
 
60分過ぎから疲れが見え始めたドルトムントをバイエルンが押し込む展開になる。すると89分、ロングボールを前線で収めたMFリベリが粘ると、逸らしたボールをロッベンが拾う。この試合で決定機を何本か外していたロッベンだが、冷静に1対1を制しバイエルンが勝ち越し。そのままスコアが動くことはなく、過去3大会で2回準優勝だったバイエルンが悲願の欧州王者に立った。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
UEFAチャンピオンズリーグ、ファイナル直前!注目の選手とテクニックの見どころは?
UEFAチャンピオンズリーグのピッチから叫ぶ東北復興への願い!
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7426件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. ドイツ勢同士対決を制したのはバイエルン(欧州CL)