1. サカイク
  2. トピックス
  3. 浦和が駒場スタジアム命名権獲得へ

トピックス

浦和が駒場スタジアム命名権獲得へ

2012年3月23日

キーワード:浦和レッズ

22日、浦和レッズがホームスタジアム・駒場スタジアムのネーミングライツ(命名権)を取得する見込みであることが明らかになった。クラブが同権を取得することは、きわめて異例。浦和が同権を保有した場合、クラブが考案した新名称をスタジアムにつけることが可能で、クラブ名がスタジアム名称になる可能性もある。
 
駒場スタジアムには、クラブもサポーターも強い思い入れがある。1999年のJ2降格、2000年にはJ1復帰、まさに浦和の歴史を知る場所だ。2001年からは、埼玉スタジアムの使用が徐々に増えてきたが、駒場スタジアムの人気は今も根強く、最後に試合を行ったのは、2010年10月11日天皇杯3回戦のJ2徳島戦。この試合は2-0で勝利をおさめており、天皇杯3回戦としては異例の1万3240人もの観客が集まった。
 
駒場スタジアムは2010年から再整備を目的とした改修工事が行われており、今年7月からサッカー場としての利用が可能になる。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
【動画】浦和が昨季王者に勝利(Jリーグ)
浦和、駒場スタジアムで使用されていた選手名板を販売
 
宇賀神友弥選手インタビュー
【File.1】 【File.2】
 
槙野智章選手インタビュー
実はFW出身。小学生の頃はクラスで一番背が低かった
ターニングポイントとなったDFへのポジション変更
何を言われても、悔しくても、まず受け入れるビッグハート
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 浦和が駒場スタジアム命名権獲得へ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ