1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 浦和レッズ・宇賀神友弥選手インタビュー【File.2】

インタビュー

2011年7月15日

浦和レッズ・宇賀神友弥選手インタビュー【File.2】

ジュニアユース・ユース時代を浦和レッズで過ごし、流通経済大学を経由して、再び(レッズの)トップチームに加入した経歴を持つ宇賀神友弥選手。【File.2】は4軍からのスタートだったという大学時代から家族との秘話のお話です。

11-07-15-01.jpg

■「自分からサッカーを取ったら、何もなくなってしまう」

――レッズのジュニアユース、ユースとサッカー人生を歩いてきましたが、挫折だなと感じたことはありますか?

「高校を卒業するときに、下部組織というプロに近い環境にいた中で、プロになれなかったことが一番の挫折ですかね。試合に出られないことに関しては、ある程度ポジティブに考えられていましたし......。

今もそうですけど、僕は、自分のことをあまり"うまい選手だ"と思ったことがないので、試合に出られないだけのことは、挫折ではないんです。自分の努力次第で、試合には、出られるようになりますしね。

でも、母からは、高校を卒業するときにプロになれなかったら(サッカーを)やめて働きなさいといわれていたこともあり、トップに上がれなかった時は、初めて道を閉ざされてしまったという感覚がありました」

――トップに昇格できなかった悔しさを大学でぶつけたという感じですか?

「トップに上がれないことが分かって、その先の自分の進路をいろいろ考えたとき"やっぱり自分からサッカーをとってしまったら何もなくなってしまう"と思いました。できればJFLなどのクラブでサッカーを続けたかったのですが、当時の実力ではそれも難しいということで大学に進学するしかなかったんです。

それを母に相談したのですが、経済面も大変だったので反対をされてしまって......。その状況で何度も説得と相談をして、(流通経済大学)行かせてもらうことになりました。でも、プロになるにはこの道しかないという覚悟で大学に行ったのですが、想像を絶するような厳しさで、1週間ぐらいで母親に『(大学を)やめていい?』という電話をしていました(苦笑)」

1  2  3  4

インタビューコンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 浦和レッズ・宇賀神友弥選手インタビュー【File.2】