1. トップ
  2. トピックス
  3. 香川、ブンデスリーガのトップに!

トピックス

2011年12月24日

香川、ブンデスリーガのトップに!

キーワード:ドイツ日本代表

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、前半戦を終えたブンデスリーガで、1試合平均走行距離でトップに立っていることが分かった。ドイツ誌「キッカー」が報じている。
 
同誌によると、香川は1試合あたり平均12.36キロを記録した。これは12.33キロで2位につけるチームメイトのドイツ代表MFスヴェン・ベンダー、12.28キロで3位のレヴァークーゼン所属のMFラース・ベンダーを抑えて、リーグ全体で1位となっている。香川の豊富な運動量が数字でも証明された形だ。
 
香川はここまでリーグ15試合に出場し4ゴールを挙げている。チームは首位バイエルンに勝ち点3差の2位で前半戦を折り返した。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
・【動画】香川先制アシスト!ドルトムントの大勝に貢献
・サッカー・ドイツリーグ(ブンデスリーガ)をのぞいてみよう!
・ニコニコ生放送がブンデスリーガを無料で録画中継
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7516件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 香川、ブンデスリーガのトップに!